生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. 安易すぎ!ストレート過ぎて逆に気持ちがいいゆるキャラ15選

安易すぎ!ストレート過ぎて逆に気持ちがいいゆるキャラ15選

2013年11月15日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

ゆるキャラ戦国時代とも言える昨今、単なる手抜きを”ユルさ”だとして楽をしようという不届き者が増えています。しかし、逆にあまりにも安直すぎると、かえってそれがキャラクターの強烈な個性になることも。

今回は、ストレート過ぎて逆に気持ちがいいゆるキャラをご紹介します。

そのままんま系

オクトパス君(所属:南三陸復興ダコの会)

宮城県南三陸町の名産品であるタコをモチーフにしたキャラクターです。見た目も名前もストレートですね。鉢巻をつけたことと名前を横文字にしたこと以外ひねりがありません。

ちなみに、可愛らしい見た目とは裏腹に、おやじギャグが大好きらしいですよ。「受験生の強い味方でもあり、オクトパス君を置くと(試験を)パスするかも?!」だそうです。

駐輪くん(所属:株式会社駐輪サービス)

笑顔でダブルピースと楽しそうな空気を出していますが、本来は「放置自転車追放」と「自転車マナー向上」への熱い思いが形になったキャラクターだそうです。シンプルな名前はメッセージ性を高めるためでしょうか。

とつか再開発くん(所属:横浜市都市整備局)

顔の面積が約4.3haある超巨大なゆるキャラです。そのストレートな名前もさることながら、見た目もシンプル。丸みを帯びた三角形の輪郭は再開発の対象となった地区の形を、赤い鼻は人々が集う広場を、そして残りのパーツは戸塚駅の線路やデッキなどをモチーフにしているそうです。

ちなみに、好きなモノは梅干し入りのおにぎり。来年10月で成人を迎えます。

トイレくん(所属:横浜市資源循環局 北部事務所)

11月10日(トイレの日)に横浜で生まれたキャラクターです。トイレを5%だけ人間に近づけたようなゆるい見た目をしていますが、「災害時トイレ対策の重要性を市民に啓発する」という非常にお固い使命を持っていますよ。

ちなみに、トイレだけに嫌なことがあっても水に流す性格だそうです。スリッパは脱ぎ忘れではありません。

タンク君(所属:前橋市水道局)

浄水場の配水塔をモチーフにしたずんぐりとして可愛らしいキャラクターです。なんと、身長は37.4m、体重は232.5トンと、今回紹介するキャラクターの中ではとつか再開発くんに次ぐ巨大さを誇ります。

公式プロフィールによると、生年月日は「昭和4年3月21日生(著作権登録 平成17年12月6日)」だそうです。

一休さん(所属:京田辺市商工会)

一休さんです。何のひねりもありません。子どもたちに人気で、幼稚園や保育園から引っ張りだこだそうです。

ちょっとだけひねってみた系

するめ~(福島町観光協会)

千代の山・千代の富士という2人の横綱を生んだ街、北海道福島町のキャラクターです。素っ頓狂な見た目をしていますが、一人称は「オレ」、語尾には「だぜ」をつけて喋るなど、中身は意外と男前。ちなみに、イカやスルメではなく、スルメの妖精的な存在なので、たとえイカやスルメを食べても共食いにはならないそうです。

福島町観光協会には他に、「イカ綱」というそっくりな見た目のキャラクターも存在します。

たっけー☆☆(所属:東京都福生市)

福生市で行われる「福生七夕まつり」から誕生した竹飾りの妖精です。特技は一緒にすれば願い事が叶うと噂されているハイタッチ。巷では「たっけー☆☆ハイタッチ」と呼ばれているそうです。自分が願いを叶える立場なためか、短冊には「TAKKE」「FUSSA」という述語が省かれた、願い事として成立していない文言が書かれています。

つがーるちゃん(「つがるブランド」所属)

つがるブランドの農作物が8品目集まった誕生した、体全体でグイグイPRしてくる田畑の妖精です。名前もキャラクターデザインもシンプルな分、訴求効果も高そうですね。農作物でできているので、足のサイズなどは毎年の作柄によって変化するそうです。

綺麗に着地した系

ドボッ君(所属:豊岡河川国道事務所)

ヘルメットをかぶった地球から手足が生えた土木建設のシンボルキャラクターです。なんと、ゆるキャラ黎明期の2005年には、ゆるキャラ日本代表10体の一つに選ばれて、ニューヨークの展覧会で発表されたそうです。

ただし、現在ドボッ君の紹介ページがあったと思しき場所には何もありません。

こんにゃ君(所属:財団法人日本こんにゃく協会)

見た目は妖怪「塗り壁」っぽいですが、体に天然水と石灰水が流れるれっきとしたこんにゃくです。こんにゃく第3小学校を卒業した後、現在はこんにゃく広報大使として全国各地を回っているそうです。公式ブログでは、たまに「こんにちにゃーく!」「にゃくこんばんわ!」といったキャラを意識した挨拶をしてくれます。

無理があった系

じゃぐっちー(所属:広島市水道局)

広島市水道局100周年を記念して生まれた、蛇口なのか水滴なのか見た目がよく分からない水の妖精です。一人称がブレるため男なのか女のかも判明しておらず、お腹が出ているぽっちゃり体型なのかと思いきや、公式では「広島の豊かな水源をあらわしているため、太っているわけではない」という意味の分からない供述がなされています。

そんな謎の多いじゃぐっちーですが、メールフォームからどしどし質問を受け付けています。

ETCつけてケロちゃん(所属:NEXCO中日本)

所属している会社の願いがそのまま名前になってしまった、あまりにも強引なグイグイ系のキャラクターです。体にも「ETC」とでかでかと書かれていますし、ETC普及のために活動したりと、中身もグイグイ。ではありますが、キャラクター自体はタイヤがうまいこと目になっていて可愛らしいです。

キャラ丸くん(所属:株式会社エクラアニマル)

おそらく、「キャラクター」だから「キャラ丸くん」という安直すぎる命名がされたキャラクターです。アニメ制作会社が生み出したキャラクターですが、なぜか主な活躍どころは「エコキャップ回収」だそうです。

公式サイトではゆるいマンガも連載中です。

キャラクターとは呼べない系

ピンクラビット(所属:ガーデンフィールズオクダ)

見た目からはレンタル感がひしひしと伝わり、ピンク色をしたうさぎだから名前もそのまま「ピンクラビット」。頭をなでられると幸せになるという伝説があるそうですが、その伝説も3日前から語られ始めたのではないかと疑いたくなるレベルです。

そして、少し怖いです。

おわりに

清々しいまでにシンプルでしたね。最近、逆に凝り過ぎたキャラクターも増えているので、彼らを参考にして欲しいです。

本記事は、2013年11月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る