生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. 使い勝手を考えよう!ビデオカメラバッグを選ぶときのポイント3つ

使い勝手を考えよう!ビデオカメラバッグを選ぶときのポイント3つ

2013年11月15日作成

 views

カメラバッグを選ぶときのポイントをご紹介します。

著者は以前、ビデオカメラ専用のバッグは、あまり女性が好みそうなデザインが無いという思いで、普通のバッグで代用していました。

が、結局、普通のバックでは使い勝手が悪いという理由から、機能面重視でつくられたこのビデオカメラ専用バッグに落ち着きました。

著者が持っているビデオカメラバッグについて

  • メーカー:ノーブランド
  • 価格:無料(カメラ購入の際、選べるサービス品の中から選択)
  • 購入時期:2004年
  • スペック:ビデオカメラ専用バッグ(クッション性が高く、ポケットがたくさんついています)

ビデオカメラバッグの選び方

著者は普通のバックでは、ビデオカメラがバックの中で動いてしまうなどの、不便があると気付きました。その経験から以下のポイントをクリアしているビデオカメラバックを選びました。

このビデオカメラバックは、新しいビデオカメラの付属品でしたが、著者が重視していたポイントに当てはまるバックでした。選べる付属品の中に好みのバックがあることは、お得感があり、お店でビデオカメラを買う時の決め手にもなりました。

ポイント1:大きさ

コンパクトで、尚且つ、ビデオカメラ、テープ、アクセサリとカメラ用品一式が入る物が良いです。

以前著者は、カメラだけ入る小さいサイズのバックを使っていました。しかしいざ撮影をしようとすると「クリーニング表示」が出てしまい、クリーニングテープが手元になかったために、泣く泣く撮影を諦めた経験があります。なので一式持ち運べるタイプのバックの方が便利です。

ポイント2:小分け出来るか

ビデオカメラ、アクセサリは、小物が多いです。バッグの中でバラバラになってしまうと、いざ取り出す時に時間がかかります。なので小物整理が出来る様に、小分けポケットが付いている物を選びます。

すぐ取り出せる前ポケットには、テープの予備、クリーニングテープ、レンズを拭く布を収納しています。

使わない時は、バッグ中の底にビデオカメラを入れ、専用の板で固定しています。板はマジックテープで固定できます。ビデオカメラの横に充電器、その上には、充電器のコード、テレビに繋ぐコードを入れています。

ポイント3:クッション性

ビデオカメラを守れるようにクッション性は必要です。バックをぶつけてしまった時、薄い生地のバッグだとカメラに衝撃がダイレクトに伝わり、壊れる原因になります。

このバッグは、外回りにクッションがついています。

中側にも、ビデオカメラを入れて動かないように押さえる、クッションのある板が付いています。衝撃で動いて、アクセサリとぶつかる事もなく便利です。

おわりに

いかがでしたか?ビデオカメラ、テープ、アクセサリ・・・カメラ用具一式が収納できるカメラバック。これだけ持って撮影に行けば、外出先でも困りませんね。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131112130628 5281a9448f9a3 thumbnail
  • 20131112130706 5281a96aa001d thumbnail
  • 20131112130940 5281aa04cc4c8 thumbnail
  • 20131112130822 5281a9b6b2be9 thumbnail

本記事は、2013年11月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る