生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon housing不動産・住宅

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 1人暮らしの方へ!池袋に住むメリット・デメリット

1人暮らしの方へ!池袋に住むメリット・デメリット

2013年11月14日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

池袋は都心部に位置し、ショッピング・飲食・遊びすべてを網羅できる若者に人気なスポットです。電車やバスなどの交通の便もよく、通勤通学に大変便利です。

今回はそんな人気スポット池袋に住むメリット・デメリットをご紹介いたします。

在住歴

2010年から2012年までの約2年間池袋駅近辺のアパートに住んでいました。

家賃相場の考え方

池袋駅近辺は東京の中心部ともあって基本的には高めです。

家賃相場の考え方としては、

  • 1K:8万5千円(駅徒歩10分以内)
  • 1DK:10万(駅徒歩10分以内)
  • 1LDK:13万(駅徒歩10分以内)

築年数や、その他設備によって値段の上下はありますが、上記の値段くらいが一般的です。

著者が住んでいたアパートは駅徒歩8分前後の1Kのアパートで、築年数は20年前後で家賃は6万5千円でした。

駅近の割に家賃は安めでしたが、ユニットバスでキッチンのコンロは1口で電熱線式でした。

どこの場所でもそうだと思いますが、家を借りる際は「どこをこだわってどこを妥協するか」これが重要だと思います。

長所・メリット

  • 通勤通学など、交通の便が良い
  • ショッピング・飲食・遊びには苦労しない
  • 夜中までお店がやっている
  • 終電が遅くまである

短所・デメリット

  • 全体的に人が多い
  • 土日祝日などどこも混んでいる
  • 夜中までうるさい
  • 客引きが多い
  • 朝の街が臭い

アドバイス・注意点

駅からは少し離れますが、騒音のことなどを考えると繁華街ではない住宅街付近に場所に住んだほうがいいと思います。

住宅街と言っても、少し歩くと繁華街のような場所に出てしまうので落ちついた生活をしたいと考えている方にはお勧めできません。

おわりに

池袋は便利で楽しくて若者には特に住みやすい街です。上記にあげたメリットデメリットを参考に多くの方がベストなおうちを見つけていただけるとうれしいです。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131112012809 52810599568d0

本記事は、2013年11月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る