生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 占星術と星占いって違うの?気になる占星術の“術”を調べてみた

占星術と星占いって違うの?気になる占星術の“術”を調べてみた

2013年11月13日作成

 views

お気に入り

星占いは好きですか? 天秤座、水瓶座など、自分の星座から簡単にその日やその週、その1年の運勢が分かる占いはドキドキしつつもどうしても気になってしまうものですよね。

では、占星術はどうですか?「星占いと一緒でしょ」と思っている方も多いのではないでしょうか。この2つ似ているようで実は違います。

ここでは、占星術と星占い、この2つがどう違うのか。占星術とはどういう占いなのかをご紹介したいと思います。

占星術と星占いの違い

そもそも「星占い」とは

私たちがよく目にする星占い。これは私たちが生まれた時に、太陽が位置していた星座を表しています。 つまり、生まれた時に太陽がどの星座の位置にあったのかで星座が決まるのです。

実は「星占い」の歴史は意外と浅く1936年、ロンドンの新聞に占星術師が書いたものが始まりと言われています。そして、この12星座の星占いのベースになっているのが「占星術」なのです。

一般的には「西洋占星術」と呼ばれています。

ちなみに、今日の占星術のもとが生まれたのは、メソボタミア文明のバビロニア時代と言われています。

では、星占いと占星術はどう違う?

星占いでは太陽の位置のみから「●●座」と呼んでいますが、占星術では、太陽だけでなく月、水星、金星、火星など、さまざまな惑星の位置を参考にします。

さまざまな惑星の位置を参考にすると、太陽の位置だけを見る星占いと違い、まったく同じ年月日にでも生まれない限り、すべて同じということにはなりません。

私たちがよく雑誌やネットなどで見る星占いは、お手軽さがウリの太陽占星術なのです。

つまり、複雑な占星術を簡易的に、一般大衆向けとして作ったものが「星占い」という訳ですね。

占星術の「●●座」は星座ではない

占星術で占ったことがある方もいらっしゃると思います。その際、占星術でも星占いのように●●座という表現が使われますよね。しかし、●●座という話が出た時、空にある星座を思い浮かべていませんか?

実はそれは間違いです。空にある星座の名前を借りて、春分の日の太陽の位置から30度ごとに区切った度数の位置に、牡羊座、牡牛座……というふうに星座の名を付けたものなのです。

英語では、空にある星座を「constellation(コンストレイション)」、占星術で使う星座を「sign(サイン)」などと呼びます。

つまり、牡羊座生まれというのは牡羊座サイン生まれという意味なのです。

占星術を理解する4つのポイント

1:惑星とサインが示すもの

占星術がサインという架空のものを示している事は分かりましたが、では、ここから一体何が分かるのでしょうか。

惑星とサインの関係を説明する際には、惑星が「役者」でサインが「衣装」という喩えが使われるようです。「役者(惑星)」は、自分が入っているサインの「衣装」を身にまとい、その性質を帯びるということですね。

例えば、太陽が蟹座に入っている場合、その人の太陽の性質は蟹座の性質を帯びる訳です。

2:占星術の基本「バースチャート(ホロスコープ)」

占星術では、「ホロスコープ」というものを使って占います。星の配置図をのことです。

ホロスコープの中でも生まれた時の星の配置図のことを「バースチャート」と言います。

占星術はこのバースチャートの星の配置から、その人の運勢を占うものなのです。

3:惑星同士のライン「アスペクト」とは

占星術:占星術とは3−アスペクトについて|運命の世界

伊泉龍一の「運命の世界」は、タロット占い・数秘術・西洋占星術・ルーン・手相などの占いの歴史や占い方などの解説と、無料占いが楽しめる占い総合サイトです。

unmeinosekai.com

「アスペクト」とは、惑星と惑星が作る角度から、ホロスコープの相を見るための考え方です。惑星とサインの位置関係に、アスペクトの要素を加えることで、未来予知や運勢を知ることができます。

惑星同士を結ぶライン・角度によって、調和・不調和を確認し、バースチャートから運勢を見極める訳です。

「アスペクト」にも惑星同士の角度によってメジャー、マイナーの2つに分類されます。

4:「ハウス」が場面を示す

占星術:占星術とは4−ハウスについて|運命の世界

伊泉龍一の「運命の世界」は、タロット占い・数秘術・西洋占星術・ルーン・手相などの占いの歴史や占い方などの解説と、無料占いが楽しめる占い総合サイトです。

unmeinosekai.com

「ハウス」は、バースチャートを12区分した場所を示します。役者(惑星)、衣装(サイン)であれば、「ハウス」は舞台と表現されます。

惑星、サイン、アスペクトがどの場面で起こるのか、これらを関連づけることで、占星術師は私たちの運勢を判断しているのです。

これらの組合せを占星術師がどう解釈するか次第でもあるので、人によって結果が違う訳ですね。

さいごに

簡単に占える星占いもいいですが、自分が生まれた時のさまざまな星の配置から占う、と聞くとより信憑性が高いように思えてしまいますよね。しかし、そこは解釈次第の世界。信頼できる占星術師、占星術サイト等を見るようにしましょう。

(image by amanaimages

この記事で使われている画像一覧

  • 20131113173936 52833ac855de8

本記事は、2013年11月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る