生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 洗浄液であっという間にピッカピカ!ブレスレット(シルバー)を汚れ・変色を磨いてキレイにする方法

洗浄液であっという間にピッカピカ!ブレスレット(シルバー)を汚れ・変色を磨いてキレイにする方法

2013年11月13日更新

 views

お気に入り

はじめに

ブレスレット(シルバー)を汚れ・変色を磨いてキレイにする方法をご紹介します。

お手入れをする頻度・タイミング

頻度

1日身に付けた後、柔らかい布を使用してお手入れをします。

タイミング

変色が気になり始めたら、磨きクロス、または洗浄液を使用してお手入れします。

お手入れに必要な道具

  • ブレスレット
  • 柔らかい布
  • 磨きクロス
  • シルバー専用洗浄液
  • キッチンペーパーまたは布
  • ゴム手袋
  • 割り箸

普段のお手入れ

普段は、1日身に付けた後に、柔らかい布で汚れを拭き取り、半日~1日乾燥させてから収納するようにしましょう。

定期的なお手入れ

STEP1:磨きクロスで磨く

変色が気になってきたら、磨きクロスで表面を磨いてお手入れします。

今回使用している磨きクロスはシルバー製品に使用出来るものです。磨きクロスにも種類がありますので、お手持ちのブレスレットの素材に合ったものを使用するようにしましょう。

STEP2:細かなパーツの汚れを落とすために、洗浄液を用意する

細かなパーツの変色が気になる時には、シルバー専用の洗浄液がおすすめです。今回は「スピーディップ」という商品を使用します。

使用方法を誤ると、ブレスレットを痛めてしまう原因となる他、化学反応を起こし兼ねませんので、使用に関する説明や注意書きを良く読んでからご使用下さい。

STEP3:ゴム手袋を履く

直接洗浄液が手に触れてしまわないよう、ゴム手袋を履きます。

STEP4:洗浄液に10秒浸す

洗浄液にブレスレットを10秒浸します。

10秒以上置くと素材を痛めてしまう恐れがありますので、10秒以内に取り出すようにしましょう。

STEP5:洗浄液から取り出す

割り箸を使用してブレスレットを取り出します。

STEP6:流水で洗浄液を洗い流す

水、またはぬるま湯で洗浄液をよく流します。

STEP7:水分を拭き取る

キッチンペーパーまたは柔らかい布で水分を拭き取り、日陰で1日乾燥させます。

STEP8:仕上げ磨きをする

仕上げに柔らかい布でブレスレットを磨いてお手入れの完了です。

傷などがある場合は、磨きクロスを使用して磨くとシルバーの輝きを取り戻す事が出来ます。

ブレスレットの汚れ・変色のお手入れに関しての注意点

洗浄液の中に入らない大きさのものは、キッチンペーパーなどに洗浄液を浸して、ブレスレットの汚れを拭き取り、最後に流水で洗い流しましょう。

また、天然石などのパーツが付いている場合は、綿棒に洗浄液を浸してからシルバー部分を磨き、最後に流水で洗い流しましょう。

おわりに

細かなパーツの汚れが気になる方には、洗浄液を使用したお手入れがおすすめですよ。

洗浄液は通販などでも気軽に購入出来ますので、ぜひお手持ちのブレスレットをピカピカにしてあげて下さいね。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131107163947 527b43c3bbc58
  • 20131107164146 527b443af0d3d
  • 20131107164828 527b45cc33a44
  • 20131107165005 527b462ddba99
  • 20131107165357 527b4715eedb4
  • 20131107165024 527b464055bf9
  • 20131107170519 527b49bf0a25b
  • 20131107170528 527b49c828c88
  • 20131107170602 527b49ea34079
  • 20131107171849 527b4ce91c5ba
  • 20131107173000 527b4f886eed1
  • 20131107172907 527b4f53daba0

本記事は、2013年11月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る