生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. キャラクター化して描く!カラフルな干支の丑の描き方

キャラクター化して描く!カラフルな干支の丑の描き方

2013年11月13日更新

 views

お気に入り

はじめに

キャラクター化した、カラフルな花模様のある干支の丑の描き方をご紹介します。

用意するもの

  • 画用紙
  • 鉛筆
  • 消しゴム
  • ボールペン(水に滲まないもの)
  • 絵筆
  • 筆を洗う水
  • 水彩絵具

描き方

STEP1:全体の下書き

頭は丸、胴体は横に長い四角として考えると、描きやすくなります。

足は胴体より短く描くと、牛らしくなります。

STEP2:頭の下書き

キャラクター化した顔を描きます。丸く輪郭を決めてから、目、鼻、耳、角を描きます。

目鼻の位置が近いと子供っぽい印象になります。

STEP3:体、足、尻尾の下書き

体は横長に、お腹は斜め右上がり気味に描きます。前足はほぼ垂直、後ろ足は関節の角度に気をつけて描きます。しっぽは先がふさふさとしている、細長いひも状に描きます。

それぞれの部位を描き分けると牛らしくなります。

STEP4:ペン入れ、消しゴムがけ

水に滲まないボールペンで下書きをした後、よくインクを乾かし、鉛筆の線を消します。

水彩絵具で体に模様を描くので、顔以外は輪郭だけ描きましょう。

STEP5:模様を入れる

水彩絵具で、体に花柄を描いていきます。まずは花の中心を黄色い絵具で等間隔に描きます。

STEP6:花びらを描き足す

水彩絵具で、黄色い中心の周りに、ピンク色の花びらを描いていきます。

顔が少し寂しい印象なので、花を半分描き足しています。

STEP7:線を入れ直して完成

全体的に線が弱いので、水彩絵具のこげ茶色で輪郭だけなぞるように塗って、メリハリを出したら完成です。

おわりに

著者は花柄を入れていますが、どんな柄でも構いません。好きな柄で、楽しみながら描いてみてください。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131108182629 527cae45d2541
  • 20131108182011 527caccb92d8c
  • 20131108182052 527cacf416288
  • 20131108182150 527cad2ed82b5
  • 20131108182257 527cad71052c9
  • 20131108182351 527cada7360ee
  • 20131108182447 527caddf1d6d5
  • 20131108182629 527cae45d2541

本記事は、2013年11月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る