生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3. 日本の知られざる不可思議検定!「インフルエンザ検定」って何??

日本の知られざる不可思議検定!「インフルエンザ検定」って何??

2013年11月12日作成

 views

お気に入り

日本には官公庁が実施している試験や、民間が実施している試験など、多くの検定試験が存在しています。社会的関心が高まっている流行の検定や、実務的な検定、取得していると少しおもしろいと思える検定など多くのものがあります。

本記事では、これから流行のシーズンに入る最も旬な「インフルエンザ」についての検定をご紹介します。

目次

「インフルエンザ検定」とは

2009年から始めった日本ハートマスク協会が主催する検定試験です。

目的

「咳をする人こそマスクをすることで、感染症の流行拡大を抑制しよう」というハートマスク運動の趣旨を広める目的で実施されています。

ハートマスク運動とは?

厚労省がインフルエンザの感染拡大を防ぐため呼びかけはじめた「咳エチケット」を補うかたちで、取り組まれている運動です。

咳エチケットとは

  • 咳・くしゃみの際にはティッシュなどで口と鼻を押さえ、周りの人から顔をそむける
  • 使用後のティッシュは、すぐにふた付きのごみ箱に捨てる
  • 症状のある人は、マスクを正しく着用し、感染防止に努める

ハートマスク運動の取り組み

  • ウィルスを拡散しないための知識を学ぶインフルエンザ検定試験の実施

  • マスクをできない職業の方へ「ハートマスク・シール」の配布 など

さまざまな取り組みを通して、インフルエンザの感染拡大防止を追求しています。

インフルエンザ検定の概要

試験内容

試験は各級とも基本的に四者択一で、インフルエンザの医学的知識を問うだけでなく、災害としてのインフルエンザや社会問題、人がなぜ「自分は大丈夫」と思ってしまうのか?の心理学などの分野からも出題されています。

受験級

受験級は、以下の3つがあります。

1級 医療関係者に知っていて欲しいのに、普段接する機会の少ない分野
2級 自分自身や周囲の人たちを守るために必要な知識を有する(大学生以上程度)
3級 インフルエンザに関する基礎的な知識を有する(中高校生以上程度)

受験資格

学歴・年齢・性別・国籍不問

問題は日本語対応のみ

試験時間

2級以上:90分 3級:45分

合格ライン

1級:80点 2級・3級:60点

web試験を12月に実施!

今からでも申し込み可能なweb試験が12月に開催されます。3級が受験可能です。

開催日

2013/12/1~12/7

インターネット環境・パソコンがあれば、いつでも受験可能

申し込み期間

2013/10/20~12/6

受験費用

3級 1,575円

web試験は3級のみです。

勉強方法

検定試験を申し込み、受験費用を支払った後、対象の受験級のテキストが送られてくるそうです。

そのテキストを参考に、最新のニュースなども独自に収集し勉強する必要があります。

試験サンプル

サイトには試験サンプルがアップされています。興味が湧いた方はトライしてみてはいかがですか。

ハートマスク協会「インフルエンザ検定」より
http://www.heartmask.com/test_sample.html

おわりに

web試験は試験期間中なら、いつでもどこでも受けられるので大変気軽に受験ができます。

12月実施の3級は中高生以上を対象とした試験なので、家庭や職場・学校でのインフルエンザの被害を拡大させないために、中高生以上のお子さんがいる方は、ぜひ一緒に受けてみるのはいがかでしょうか?

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131112174803 5281eb435452c

本記事は、2013年11月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る