生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. これを使えば間違いない!?天才デザイナーが生み出した名作欧文フォント24選

これを使えば間違いない!?天才デザイナーが生み出した名作欧文フォント24選

2013年11月05日作成

 views

目次

これが定番!美しい欧文フォント24選

私たちが普段目にするさまざまなデザイン。広告、書籍、新聞など、さまざまなものがデザイナーによってデザインされています。

そして、デザインの中核とも言えるのが文字。文字にはさまざまな書体がありますが、それらは当然ながら誰かによってデザインされたものです。

ここでは思わずうっとりしていまうような美しい文字を作り上げたタイプデザイナー、そして、彼らによって生み出された名作書体の数々を紹介したいと思います。

ローマン体、サンセリフ体の定番中の定番とも言える欧文フォントを紹介します。紹介する書体は、企業ロゴや店舗ロゴなどにかなりの頻度で使用されているため、多くの方が知らず知らずのうちに必ず目にしているはずですよ。

欧文書体の基本

欧文書体と一口に言っても多くの種類がありますが、非常に簡単に分けると以下の2つに分類できます。

ローマン体(セリフ書体)

ローマン体とは、文字の先端にセリフ(serif)と呼ばれるトメ・ハネでいうところのハネがついた書体のことです。古代ローマでこの大文字が完成したためローマン体と呼ばれます。

ローマン体の中でもオールドスタイル、モダンなど、いくつかの種類に分けられますが、ここでは丸っと括ってローマン体とします。

サンセリフ書体

サンセリフとはその名が示す通り、「セリフがない書体(sans serif)」のことです。ゴシック体と言うと、イメージしやすいかもしれません。ローマン体と違って字形がシンプルなため、見出しや標識などに使用されます。

知っておきたい名作欧文フォント24選

ここでは欧文書体の基本であるローマン体、サンセリフ体を中心に、長年にわたって使われ続ける名作フォントを24ほどピックアップして紹介します。

Avant Garde Gothic(アヴァン・ギャルド・ゴシック)

Centaur(セントール)

Galliard(ガリヤード)

Garamond(ガラモン)

Janson(ジャンソン)

Caslon(カスロン)

Baskerville(バスカービル)

Bodoni(ボドニ)

Centennial(センテニアル)

Copperplate(カッパープレート)

Times New Roman(タイムズ・ニュー・ローマン)

Trajan(トレイジャン)

Century Gothic(センチュリー・ゴシック)

Futura(フーツラ)

Gill Sans(ギル・サンズ)

Optima(オプティマ)

Helvetica(ヘルベチカ)

Univers(ユニバース)

Syntax(シンタックス)

Frutiger(フルティガー)

Zapfino(ツァッフィーノ)

ITC Stone Sans(ストーン・サンズ)

Palatino(パラティノ)

Sabon(サボン)

名書体を生み出した天才デザイナーたち

上記の書体を生み出したデザイナーから4名をピックアップして紹介します。これらのデザイナーたちに関しては、作品集や評伝が出版されていたり、雑誌の特集にもなっていたりするので、読んでみると書体デザインへの理解がより深まるかもしれません。

ハーブ・ルバリン Herb Lubalin

1950年代半ばから60年代後半かけてアメリカ東海外を中心に「アメリカン・タイポグラフィ」を代表するデザイナーとして知られるハーブ・ルバリン。雑誌「アヴァンギャルド」「エロス」などのタイポグラフィをはじめ、多くのデザインで著名なデザイナーです。

エリック・ギル Eric Gill

イギリス「アーツ・アンド・クラフツ運動」の担い手の一人であり、エドワード・ジョンストンとも親交のあったデザイナー。書体デザインに大きな功績を残し、彫刻家・エッチングの版画家としても活躍。人間性的には問題のあった人のようですが、デザインは素晴らしいです。彼の人となりについて知りたい方は、以下の本を読むとよいでしょう。

ヘルマン・ツァップ

画像を表示

ヘルマン・ツァップ氏(Hermann Zapf)の功績 書体の世界

書体の世界へようこそ。経験で得た書体(フォント)の知識をUBIQUEの宮崎が教えます。

www.geocities.jp

現代欧文デザインの祖とも言える書体デザイナーです。ドイツ出身で若い頃から独学でカリグラフィ(ちなみに、奥さんもカリグラファ)を学び、カリグラフィのような数々の美しい書体デザインを生み出しました。

アドリアン・フルティガー

スイスの書体デザイナー。多くの素晴らしい書体デザインや公共機関のサインシステムの設計なども手がけています。その名を冠した「フルティガー」という書体を制作したことで有名です。

ヤン・チヒョルト

ドイツの書体デザイナーです。しばしば20世紀モダン・タイポグラフィの最重要人物にも挙げられるヤン・チヒョルトは、優れた書体デザインだけでなく、多くの著書も残しています。

さいごに

ここで紹介したデザイナーはもちろん、書体もほんの一握りです。他にも素晴らしいデザイナーや書体デザインがありますので、興味が湧いた方はぜひ自分で調べてみてください。

(image by PresenPic)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131104032522 5276951216263

本記事は、2013年11月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る