生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 大胆なイメチェンも可能!便利なホットカーラーを探すときのポイント

大胆なイメチェンも可能!便利なホットカーラーを探すときのポイント

2013年11月06日更新

 views

お気に入り

はじめに

ホットカーラーを買いたいけど、どれを選んでいいのかわからない!という方、多いと思います。

今回は著者が選んだ時のポイントをご紹介します。

著者のホットカーラー

著者が愛用しているホットカーラーです。

  • メーカー:テスコム
  • 商品名:カールアップ16
  • 価格:約4000円(購入当時価格)
  • 購入時期:2008年6月
  • 本数:太2本、中4本、細8本(ピン16本)
  • 特徴:コンパクトでカーラーの本数が多い。温まるのが早い。

ホットカーラーを選ぶポイント

POINT1:ホットカーラーの本数

コンパクトタイプのホットカーラーだと、本数が少ないものが多いです。しかし、いざ巻いてみると、「あれ?足りない!」というケースもありますよね。

著者はヘアスタイルのバリエーションを豊富にするために、コンパクトでもある程度の本数があるもので、中ロットの多いものを選びました。

POINT2:場所をとらないコンパクトなサイズ

本数の多いタイプを選ぶと、どうしてもサイズが大きくなります。そうなると、結局場所をとってしまうことも。

著者は外出や旅行の時も手軽に持ち運べるサイズで、なおかつデザインがちょっとオシャレなものを選びました。

また、カーラーを温めるスタンドをストレートに4本並べられるものにしたことで、使うときも場所を取らず便利でした。

POINT3:髪を傷めないために

ホットカーラーを使うと、どうしても髪にダメージを与えがちです。なので、髪を傷めないように、カーラーが温まるのが早く、持続性があるものを選ぶのがいいと思いました。

著者のものは、温まるのが早く、その温かさもかなり持続するのでとても便利で、髪が傷むこともありませんでした。髪を湿らせるか、スタイリング剤を使うと、綺麗なカールが出来ます。乾いたまま使うと、髪にダメージを与えやすくなります。

髪にダメージを与えないことと、綺麗なカールを保たせるためにも、専用のスタイリング剤を使うことをお勧めします。乾いたままで使うと、髪にダメージを与えやすくなります。

PONT4:価格はお手頃なものを

ホットカーラーを探すと、値段にかなり幅があります。業務用のように、カーラーが大量に入っているものも少なくありません。そうなるともちろん値段も高くなります。

ある美容師さんの話によると、ホットカーラーはどちらの製品でも使用感は大きく変わることはないそうです。なので、POINTを参考にしていただきながらお手頃で使い勝手のよさそうな物を選ぶのが一番だと思います。

ホットカーラーを使用するときには、思ったより高温になっていますので「火傷」には十分注意してくださいね。

おわりに

ホットカーラーでのスタイリングは、ある程度時間に余裕があるときにしかできないように思われますよね。しかし慣れてくれば、カーラーを巻いている間にメイクなど別のことが出来る、といった利点もあります。

なにより、ちょっと雰囲気を変えてみたい、大振りなカールを出したい、など、プチイメチェンしたいな、といったときに、ホットカラーは大活躍しますよ。是非、ご自分に合ったものを探してみてくださいね。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131024122404 526892d4870e7

本記事は、2013年11月06日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る