生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. 保護条例に引っかからないの?北海道の定番土産「トドカレー」「熊カレー」を食べてもOKな理由

保護条例に引っかからないの?北海道の定番土産「トドカレー」「熊カレー」を食べてもOKな理由

2013年10月31日作成

 views

北海道の定番土産といえば、白い恋人にじゃがポックル、そしてご存じの「トドカレー」ですよね。他にも「アザラシカレー」や「熊カレー」なんてのもあって、一部ではカルト的な人気を博しています。

しかし、よくよく考えてみれば、トドやアザラシって食べてもいいものなのでしょうか?何かしらの動物保護条例引っかかったり、過激な愛護団体にイチャモンつけられたりしないものなのでしょうか?

考えれば考えるほど手をつけちゃいけない気がするトドカレー。なんで食べても問題ないのか調べてみました。

「トドカレー」や「熊カレー」って何?

「トドカレー」「熊カレー」の基礎知識

「トドカレー」は、札幌市の食品会社「北都」が製造する正真正銘トド肉入りの缶カレーです。トドカレー以外にも、熊カレーやえぞ鹿カレー、アザラシカレーといった強力なラインナップを取り揃えていて、1缶1,050円から北海道の土産物屋などで売られています。

北海道にわざわざ訪れなくても、Amazonや楽天などのネット通販サイト、ヴィレッジヴァンガードなどの変わった商品を集めたお店で購入可能です。

期待を裏切らない「トドカレー」★★★

流氷と供にやってくるトドをカレーにしました。」というキャッチコピーがついた本物のトド肉を使用したカレーです。口に含むと魚系の生臭さが鼻を突き、肝心のトド肉は固くてパサパサという、ある意味期待を裏切らない仕上がりだそうです。

意外といける「熊カレー」★★☆

北海道の雄大な大地に生息するヒグマをカレーにしました。」というキャッチコピーがついた本物のヒグマの肉を使用したカレーです。こちらはトドカレーと違って臭みはなく肉も柔らかくて美味しいそうです。「意外とウマいじゃん!」と良い意味で期待を裏切られたい方にはピッタリかもしれません。

ケモノ臭さが残る「アザラシカレー」★★★

流氷と供にやってくるアザラシをカレーにしました。」というキャッチコピーがついた本物のアザラシの肉を使用したカレーです。トドカレーと同様、こちらも魚系の生臭さを放ち、アザラシ肉を噛む度にドブ臭さが口の中で広がるそうです。

パサつき以外は普通な「えぞ鹿カレー」★☆☆

北海道の雄大な大地に生息するえぞ鹿をカレーにしました。」というキャッチコピーがついた本物のえぞ鹿の肉を使用したカレーです。こちらは特に生臭さも無く、食べられないこともないのですが、肝心の鹿肉がパサパサで美味しくなくてとっても微妙な味だそうです。

なんで食べても怒られないのか?

トドやヒグマは「害獣」なので一定数の駆除はOKだから

一見、トドやヒグマといえば、ライオンやパンダといった動物と同様、国際的な条例で捕獲や取引が禁止されていそうな動物ですよね?実際、トドやヒグマはレッドリスト(絶滅のおそれがある野生動物のリスト)にも記載されていて、鳥獣保護法で無制限の狩猟も禁止されています。

しかし、トドやヒグマはこうした「保護の対象」でありながら、実は、農業や漁業に数十億円規模の被害をもたらしたり、安全を脅かしたりする「害獣」でもあるのです。そのため、保護動物でありながら一定数の駆除が認められていて、駆除された幾らかのトドやヒグマが、カレーとして売られているのです。

つまり、「トドカレー」を始めとする野獣カレーは、厄介な害獣を駆除でき、同時に観光資源にもなるウルトラCな商品なのですね。

なんでカレーにしたのか?

普段カレーを食べていればご存知かと思いますが、カレー粉で調理された食材は良くも悪くも「カレー味」になってしまいますよね。また、匂いも強烈なので、生の状態ではどれだけ生臭くても、大抵の食材はカレーにさえしてしまえば食べれる味になるそうです。

おそらく、強烈な生臭さを放つトドやアザラシをどうにか食べる手段として、「カレー」が採用されたのではないでしょうか。実際、今回紹介した4つのカレーは、かなりスパイシーな辛口になっているそうです。

おわりに

北海道の方々は厄介な動物を減らすことができてお金にもなる、観光に来た人はちょっとしたネタになるお土産を買うことができる…「トドカレー」には、意外なWin-Winの関係が潜んでいたのですね。

本記事は、2013年10月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る