生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. コーディネートに合わせる!カラータイツの選び方

コーディネートに合わせる!カラータイツの選び方

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

お店には様々な色のタイツが売られています。どうせなら、色を楽しみながらコーディネートを楽しみたいですね!

今回は著者がカラータイツを選ぶときのポイントについてご紹介します。

著者が所持しているカラータイツ

  • ブランド:チュチュアンナ
  • 太さ:80デニール
  • 色:茶色

カラータイツを選ぶときのポイント

デニールから選ぶ

著者は80デニールを使用しています。透け感が少ないので取り入れやすく、見た目の色と実際に履いたときの色の差が少ないので、「こんなはずではなかったのに」という失敗をしにくいからです。

また、防寒の点でも優れているので、とてもバランスの良い厚さだと思います。60デニールだと、膝を曲げたときの膝や、もものあたりの透け感が目立ちますので、カラータイツから足の色が見えてタイツの色が均等に見えません。

もし防寒の点を重視したい場合は、110デニールでも良いかもしれませんが、生地が分厚くなるので少しもったりした印象になります。

色から選ぶ

冬場のコーディネートでは、コートやブーツの色が占める割合が多くなります。現在持っているコートやブーツの色、そしてこれから購入する予定の色に合わせてカラータイツの色を選ぶと、この冬に大活躍すると思います。

コートの色がベージュなど淡い色の場合には、黒いタイツを合わせるよりも、カラータイツを合わせたほうが、重くなりすぎずにコーディネートをまとめることができるのでおすすめです。

注意点

最近は、タイツも2~3サイズで展開していることがあるので、自分の足首からももにかけてのサイズなど大まかに把握しておくと、お店で見たときに近いカラータイツの色を楽しめると思います。

無理をして小さいサイズを履くとカラータイツの生地が伸びてしまい、色そのものが変わって見えてしまいます。

失敗談

ショートパンツに110デニールのカラータイツを合わせたときに、自分で見たときには感じなかったのですが、少し離れて鏡で見たときに、予想以上に分厚い生地でできていることに気づきました。

タイツというより、パンツを履いているような印象で重く感じました。

このような探し方をすれば良かったと思う点

著者は最初にカラータイツを取り入れた時、デニールの違いをあまり知らず、たくさん購入してから80デニールが著者には合うと知りました。

もう少し違いを調べていれば、たくさん試さずにデニールの違いを知ることができたのだろうと感じています。だいたいでも良いのでデニールの違いを頭に入れてお店に行くと、それぞれにとって合う厚さが早めに分かると思います。

さいごに

いかがでしたか?冬に向けてカラータイツを取り入れたコーディネートを楽しみましょう!

(image by amanaimages)
(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131031121049 5271ca3936d61
  • 20130919092839 523a45372672b

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る