生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 窓の結露対策

窓の結露対策

2015年05月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

結露って嫌ですよね。カビるし、嫌な匂いのもとになるし。気付かずにいるとカーテンまでやられてしまうし。

なんとかしたい窓の結露。いくつか結露対策を書き出してみました。

暖房の位置に気をつける

暖房の位置に気をつけて、結露しにくくします。暖房効率のよい窓側に暖房を設置します。換気もマメに行い、乾いた空気と入れ替えましょう。

結露が気になる場合は、石油ストーブの上にヤカンを置くのはやめましょう。そうでなくても、石油ストーブは燃焼するときに水分も発生させています。

エアコンの場合、乾燥が気になって加湿器を使う場合もあると思います。加湿器の場所や使い方にも気をつけましょう。

扇風機などを併用して、室内で空気が動くようにしておくと、室内の温度や湿度のムラが少なくなると思います。

換気扇を活用する

料理をしたり、皿洗いをしたり、水蒸気が出るような時には台所の換気扇を回しましょう。

浴室も入浴後は換気扇を回すなどして水蒸気を室内にとどめないようにしましょう。浴室の扉は閉めるようにしましょう。

窓への対策

結露してしまったら新聞紙を貼り付けて吸い取ったり、雑巾で拭いたりなどしましょう。でも、出来れば結露そのものを防ぎたいですよね。

窓への対策グッズには、以下のようなものがあります。

結露防止テープ

結露防止のシートを窓ガラスに張ります。結露しにくくなりますし、結露したとしても吸湿して自然乾燥してくれます。

サッシへの結露対策もしておきましょう。サッシへの結露対策をすることで、暖房効率もよくなります。

ガラスそのものへ対策する方法もあります。

おわりに

結露した後に何かするより、結露しないようにする方が後始末が楽です。空気の入れ替えをマメにしたり、扇風機や換気扇を上手に使って結露対策をしましょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101202191908

本記事は、2015年05月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る