生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon mentalメンタル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. あなたは何ストレス?4種類の効果的なストレス解消・対策方法

あなたは何ストレス?4種類の効果的なストレス解消・対策方法

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

ストレスには種類がある!

「ストレスを解消するためにカラオケに行ったり、飲みに行ったりしてるけど、なぜだか全然解消されない」と悩んでいませんか?実は、ストレス負荷のかかり方は多様です。対処法を誤れば、効果は半減してしまいます。

例えば、心に傷を負っているのに、足を消毒しても意味がありませんよね。種類別にストレスを解消するのが一番の近道なのです!

ここでは、種類別にストレス対策する方法をご紹介します。4種類のストレスを知って、自分がどのストレスを一番抱えているかを知ることからはじめましょう!

ストレス社会を生き抜くあなたに…ストレスを感じたらこの記事をチェック!
これでもう大丈夫!便利なストレス解消法まとめ

あなたは「どのストレス」を解消したいですか?

代表的なストレスを4つご紹介します。どれか心当たりのあるものはありませんか?1番の原因を知り、その他のストレスの心当たりを見つけましょう!

心のストレス

仕事や人間関係などのコミュニケーションでのストレスです。介護や育児もこれにあたります。なぜだか不安、将来が心配というのも精神的なストレスになります。「ストレス」というとこのストレスに関連させがちですね。

体のストレス

体の歪みやケガ、病気、肩こりや腰痛などからくるストレスです。本人が気にしていなくても脳がストレスを感じている場合があります。靴が合わない、深爪したなど細かなイライラもこれにあたります。

科学的ストレス

外部からの人工物の刺激によるストレスです。現代人は知らないうちにこれが大きな要因になっていることがあります。薬や食品添加物、たばこやアルコールですね。水道水に含まれる塩素や栄養不足もこれにあたります。

環境のストレス

屋内外での温度差もストレスになります。暑すぎたり寒すぎたり、湿度が高すぎたり低すぎたりするのもよくありません。本人は平気と思っていても、身体がストレスを感じているのです。

「心のストレス」にするべき対策方法

1:休むことを優先する

無理して働いて心身的にダウンしてしまう人、がんばりやさんな真面目な人に多いですよね。そうなりやすい人は、そうなる前にしっかり休息しましょう!

しっかり休息するというのは、仕事のことを忘れてリラックスするということです。趣味をすることではありませんのでご注意ください!

やって楽しくなる、興奮してしまう趣味は残念ながら休息にはならないのです。特に、携帯やテレビなど光の出る画面を見るような作業は、しないようにしましょう。

  • 瞑想する
  • 眠る
  • 散歩する
眼を閉じて何も考えないようにする、10分ほど眠る、散歩するなどが休むために最適な方法です。

2:腹式呼吸をして自律神経を整える

腹式呼吸をすると、簡単に自律神経を安定させることができます。腹式呼吸は鼻から5秒息を吸って、口からゆっくり息を出し切るとうまくできると思います。お腹を膨らませることを意識しましょう。トイレにいったときや、休憩のとき、嫌なことがあったときもやってみてください。

自律神経の乱れで、体と心にストレスがかかっている人もいます。そういった方は、下記の記事でチェックしてみてくださいね。

3:幸福ホルモン、セロトニンを出す

脳がストレス対策のために作り出した、セロトニンという素敵なホルモンがあります。これが流れると興奮や不安を抑え、リラックスさせてくれます。この恩恵に積極的にあやかりましょう!

  • 一定のリズムを聴く
  • 朝の光を浴びる
  • スキンシップをする
  • 乳製品や豆製品を食べる

セロトニンは一定のリズムのある音を聴くとでやすくなるので、ゆったりとした波の音などを聴いたり、リズム運動をすると効果的です。朝の光を浴びるのもセロトニンを出す作用がありますよ。

また、スキンシップも効果があります。動物でもパートナーでも、ボディタッチでセロトニンをどんどん出しましょう。

食べ物では、チーズなどの乳製品、豆製品、バナナ、肉類、抹茶がおススメです。食べてストレス解消する人は、効果的にこういったものを食しているのかもしれませんね。

「体のストレス」にするべき対策方法

1:「体」もリラックスする

体は知らないうちに緊張しているときがあります。寝ていても力が入っていませんか?

頭・首・肩・腕・手首・指など細かく意識して力を抜いてみましょう。顔でも、額・眉毛・瞼・眼球・鼻・頬・顎・舌・唇と分けて力を抜くと驚くほど色んなところが緊張していたことに気づかれると思います。休憩するときは、体もリラックスするように心がけてみてくださいね。

2:姿勢に気を付ける

今パソコンをしている姿、その姿勢をキープして観察してみてください。鏡で見てみるのが効果的です。そして、体の力を適度に抜いて正しい姿勢をとってみましょう。大分稼働したのではないでしょうか?

歩くとき、座るときは、体全体に均等に体重がかかる姿勢を意識しましょう。悪い姿勢は体に大きなストレスを与えています。正しい姿勢を支える筋肉がないため、はじめは辛いですが、次第に慣れてくるのでがんばってみましょう。気持ちも前向きになりますよ!

怠けという気持ちを改めて、体のストレスを助けてあげることが大切です。

4:食べ過ぎないことで労わる

消化は体に大きな負担をかけます。必要以上に食べ過ぎたり、冷たいものを食べたり、寝る前に食べたりすることで、あなたの胃腸は絶え間なく働き続けストレスに晒され続けます。

  • 腹八分目が無理なら、せめてお腹がすくまで食べない
  • デザートや冷たいものが食べたいから今日は腹八分目
  • お腹いっぱい食べるけど、寝る3時間前までに食べ終える

など、やりやすい方法で実践してみてくださいね。

「科学的ストレス」にするべき対策方法

なるべく添加物を多くとらないように!

あなたが日々食べている加工食品には、添加物がたくさん入っています。これらは通常、自然に体の中に入ってこないものです。知らないうちに体の内側がストレスを感じています。食品添加物ももちろんですが、下記も注意してください。

  • カフェイン
  • 辛い物(香辛料)
  • 甘いもの(砂糖)

こういった交感神経を刺激するものや、血糖値を上昇させるものなどは注意が必要です。殆どの食品には安全性や食味を上げるために、添加物が入っています。まったく摂取しないというのはとても難しいので、「なるべく多く取らないようにする」と心がけることが大切ですよ。

栄養ドリンクは未来の自分から借金している?

  • 何にでも調味料を入れる人
  • 疲れたら栄養ドリンクを飲む人
  • 鎮痛剤をよく服用する人
  • 化学合成でつくられたサプリを飲む人

これらに当てはまる人は要注意です。特に栄養ドリンクは、糖分も化学物質もカフェインも多いドリンクです。「未来の自分から体力を借りている」ようなものなので、いざという時に飲むなどして、程々にしましょう!

栄養ドリンクよりは、添加物の少ない自然食品からできているサプリを服用するほうが体へのストレスは少ないと言えるでしょう。

商品の裏に書かれている成分表を見て、理解できないものがたくさん入っていたら控えるようにするといいですよ。

「環境のストレス」にするべき対策方法

冷え性の人は要注意!

体へのストレスを1番軽減するのは、体を冷やさないようにすることです。体が冷えてくると、内臓機能も自律神経も心も不調をきたすようになってきます。体を冷やさないようにするには、日ごろのメンテナンスや下記のことをしっかり実践しましょう。

  • 冷たいものを摂取しない
  • 毎日湯船につかる
  • 冷房を使い過ぎない
  • 薄着をしない

体の健康は内臓年齢から

食前後や寝る前にアイスなどを冷えたものを食べると、内臓温度が約2℃低下するそうです。それにより消化不良をおこし、内臓に負担をかけるばかりか大切な栄養源の吸収も妨げてしまいます。思うようにいかなくなったら、体だってストレスでいっぱいになってしまいますよね。

また、湿気が高いときは除湿したり、換気を毎日したりしましょう。乾燥や多湿の状態は気づきにくいかもしれませんが、身体は敏感に感じ取っています。部屋に温度計と湿度計を置いておき、快適な温度を維持するようにしましょう。インフルエンザや食中毒防止にも役立ちますよ!

体が快適と感じる温度は、夏なら温度:25℃~28℃・湿度:55~65%、冬なら温度:18~22℃・湿度:45~60%です。

冷え性の人はこちらの記事を参考に!

ストレスのトータルケア!

まずは、一番の原因の対策方法を実践してみてください。全体のストレスの中でもより多い原因を取り除くようにしましょう。また、多いと感じているストレスの種類を組み合わせて実践すると、相乗効果がありますよ!

ストレスを感じたら改めて読み直し、様々な観点からケアすることを忘れないようにしてくださいね。

「ストレスを溜めないようにしたい!」という方は、こちらのすぐにストレス発散をする方法をご覧ください。

(image by amanaimages)
(image by amanaimages)
(image by amanaimages)
(image by amanaimages)
(image by amanaimages)
(image by amanaimages)
(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131030125640 52708378dae21
  • 20131030132159 5270896749949
  • 20131030151630 5270a43e2a89f
  • 20131030151902 5270a4d6c1635
  • 20131030151925 5270a4edcff2c
  • 20131030152104 5270a550928c1
  • 20131030152138 5270a572c9476

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る