生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 一生に一度は行ってみたい!「なばなの里」のスゴいイルミネーションまとめ

一生に一度は行ってみたい!「なばなの里」のスゴいイルミネーションまとめ

2013年10月28日作成

 views

「イルミネーションといえば?」と聞かれてあなたはどこを想像しますか?

関東圏の方であれば東京ミッドタウン、関西圏の方であれば神戸ルミナリエなどを想像するのではないでしょうか。

しかし、日本には皆さんの知らないイルミネーションスポットがまだまだたくさんあるのです!

今回は全国人気ランキング第一位のハウステンボス(長崎県佐世保市)に次ぐ、第二位のなばなの里(三重県桑名市)の見どころをご紹介したいと思います。

ランキングは以下のサイトを参考にしました。
画像を表示

全国の人気イルミネーションランキング|イルミネーションガイド2017 - ウォーカープラス

【全国のイルミネーション人気ランキングです。】ウォーカープラスの“イルミネーションガイド2017”では全国約500ヶ所のイルミネーション情報を掲載。人気ランキングの他、開催期間・点灯時間データ、写真一覧から見たいイルミを探せる機能など「今すぐ使える!」コンテンツが満載

illumi.walkerplus.com

目次

なばなの里とは?

場所

なばなの里は、三重県桑名市長島町にあります。長島は木曽川・長良川・揖斐川に挟まれた中洲のような地形で、織田信長と長島の一向一揆衆が戦った場所としても有名です。

長島には、他にもアミューズメントパークのナガシマスパーランドや、名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク、ホテルなどの宿泊施設もあり、なばなの里以外の施設でも遊ぶことができます。

画像を表示

なばなの里 アクセス お車 または 電車バス 情報

日本最大級!花のテーマパーク。四季折々の美しい花々が咲き誇る。梅、桜、桃、チューリップ、コスモス、ベゴニア、ほたる、イルミネーションの「なばなの里」

www.nagashima-onsen.co.jp

料金・営業時間

2013年のなばなの里のイルミネーションは10月25日から2014年3月31まで開催される予定です。期間中の料金は小学生以上で2000円ですが、なばなの里内で使える1000円分のクーポンが付いてくるので実質1000円で入場することができます。またこのクーポンは利用期限内であれば別の日に使うこともできるので、無駄がありません。

営業時間は平日が9時から21時、土日祝日が9時から22時です。

画像を表示

なばなの里 料金・営業時間

日本最大級!花のテーマパーク。四季折々の美しい花々が咲き誇る。梅、桜、桃、チューリップ、コスモス、ベゴニア、ほたる、イルミネーションの「なばなの里」

www.nagashima-onsen.co.jp

過去のイルミネーションと今年のみどころ

2004年

この年に初めてなばなの里でのイルミネーションが開催されました。水上に浮かぶLEDのオブジェや池に沿って配置されたスティックライトなど、合計100万球の電球を使ったライトアップでした。

2005年

翌年は木曽川・長良川・揖斐川を模した「水上イルミネーション」や、アーチのオブジェの「光の雲海」、もみの木をデコレーションした「ツインツリー」など、なばなの里には欠かせない存在となったイルミネーションが次々と登場しました。

2006年

この年は200mもの長さの「光のトンネル」が登場しました。ブルーLEDを使った長さ100mの光のトンネルと併せて、来場者の目を楽しませました。

2007年

なばなの里が誇る広大なあじさい・花しょうぶ園に、流れ星も流れる「天の川」が登場したのはこの年です。

他にもクリスタルホワイトLEDを使った「光のトンネル」や二階建ての展望台なども完成しました。

この時点で一年目の四倍の400万球まで照明が増えました。

2008年

「天の川」の翌年は同じ場所にLEDを使った「光のお花畑」が登場しました。色の違うLEDで様々な花を表現し、LEDの蝶々が舞う演出も見られました。

2009年

「天の川」「光のお花畑」と表情を変えてきたあじさい・花しょうぶ園はこの年に「オーロラ」に姿を変えました。特殊イルミネーション効果を使い、空を表した青いLEDの上を流星群が流れる様子を表現しました。

「光のトンネル」はパープルのLEDを使用して、「冬ホタル」と銘打った幻想的なトンネルになりました。

2010年

「オーロラ」だったあじさい・花しょうぶ園はこの年に海に変わり、遠景に日本のシンボルである富士山を配置。光の変化で四季ごとの富士山の姿を表現し、闇夜に雄大な富士山の姿を浮かび上がらせました。

「光のトンネル」は七色に色を増やし、虹色のトンネルになりました。

2011年

この年は富士山が岩手県小岩井農場の一本桜に変わり、東日本大震災で大きな被害を受けた東北地方に向けたエールをイルミネーションで送りました。

花火や紅葉、雪など日本の四季の移ろいをイルミネーションで表現しました。

2012年

去年は今までの総集編のようにオーロラや虹、流れ星などを表現し、「大自然」をテーマにした1つの物語を描き出しました。

「光のトンネル」はなばなの里に300本も植えられている河津桜をピンク色のLEDで表したものになり、2月から3月にかけて実際の河津桜とイルミネーションの河津桜のコラボレーションを楽しむこともできました。

2013年

そして今年は世界遺産登録を祝して2010年に登場した富士山が復活。さらに向上した表現力でダイヤモンド富士や黄金富士などを表しました。

日本が世界に誇る富士山を実物に勝るとも劣らない美しさで見ることができます。

楽しみ方

オフィシャルサイトから移動手段や宿泊施設とパックになったプランが申し込めます。

日中はイルミネーションを見ることができないので、ナガシマスパーランドとセットになっている宿泊プランを利用し、日中はナガシマスパーランドで乗り物などを楽しみ、夜になったらシャトルバスでなばなの里に向かってイルミネーションを楽しむプランをおすすめします。

春先に訪れれば本物の花とイルミネーションの対比を楽しむこともできますので、一番人気のあるクリスマスシーズンに予約が取れなかった人はその時期を狙うのもいいかと思います。

夜は冷え込みますのでしっかりと防寒対策をした服装で訪れましょう。

おわりに

いかがでしたか?

普段近場で済ませていたイルミネーション見物も、普段行くことのない場所にわざわざ見に行く事で特別な思い出になるのではないでしょうか。

また、なばなの里の場合は、イルミネーションだけでなく近くのレジャースポットで遊ぶこともできるので、旅行がてらイルミネーションを見に行くのもいいかもしれません。

一度訪れたら忘れられないイルミネーションスポットだと思いますので、ぜひ行ってみてください。

本記事は、2013年10月28日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る