生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon housing不動産・住宅

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. リフォーム工事中にトラブルが起こって、作業停止に!著者が行ったトラブル対処法

リフォーム工事中にトラブルが起こって、作業停止に!著者が行ったトラブル対処法

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

著者が経験した、家のリフォーム時に起きたトラブルと、その解決方法をお伝えしたいと思います。

当時の著者の家の状態と当初のリフォーム予定案

著者が家を建てて10年経過したとき、娘が免許を取り、車を購入することになりました。そこで、それまで1台分の駐車場しかなかったので、それを機に駐車場を広げ、庭や門も「プロヴァンス風」にリフォームすることになりました。

費用は110万ほどで、期間は3週間の予定でした。

どんなトラブルが生じたか?

リフォームする上で、家周辺の庭を全てを2メートルほど掘らないといけなくなりました。すると、1.5メートル掘り進んだところでたくさんの産業廃棄物が出てきて、掘り進められなくなりました。

家を建てる前は陶器工場が建っていた土地だったのですが、工場を取り壊した際に廃棄物を埋めていったようでした。著者たち家族もそんなものが埋められていたことはまったくもって初耳でした。

埋まっていた陶器は大型トラック3台分になり、それを処理するには数十万必要だと言われました。それを処理してからでなければ、作業も進められないといわれ、作業自体もストップしてしまいました。

どんな問題を生じたか?

このトラブルによって引き出された問題は、「廃棄物処理の費用を誰が払うか分からない」「廃棄物が処理されないとリフォームが進められない」という2点です。

どう解決したか?

STEP1:リフォーム会社に相談

まず、依頼しているリフォーム会社の方に相談しました。リフォーム会社の方は、着工予定がかなり遅れているにも関わらず、誠実に相談に乗ってくれました。結果、建築会社に直接引き取ってもらうよう要求することにしました。

STEP2:建設会社へ相談

まず、登記簿をもう一度確認し、いつこの家の建築の着工を始めたか、当時の責任者は誰か、瑕疵担保責任の保障期限はいつまでか、などを確認しました。そして廃棄物の正確な量と正確な廃棄費用を割り出しました。また、何の法律の違法にあたるのか、裁判沙汰になったら会社側にどんな損害がでるのかを調べたうえで直接建設会社へ電話しました。

電話ではできるだけ状況を詳しく述べ、裁判を起こす気はない事、とにかく要求はこの廃棄物を処理してほしい事だけであることを述べました。

相手が電話口で渋ったので、まずその目でこの状況を見に来てほしいことも頼みました。誠実な業者ならすぐに確認しに来ると思ったからです。

そして最後に、「隣の住宅もリフォームを考えていて、駐車場の増築を考えています。そちらの方の庭からもきっと同じものが出て同じ問題に直面するでしょう。うちの要望を断っても、この問題はまた別の人から提起されると思いますよ。早めに処理した方がいいのではないですか?」と言いました。

実際にそう当時、隣の家の方も著者が雇ったリフォーム店に庭のリフォームの見積もりをお願いしていたのを知っていたからです。隣の家も同じ建設会社を雇って家を建てられました。

結果どうなったか

次の日に建設業者の方がお詫びに来て、ただちに廃棄物を処理してくれました。そのおかげでその日からリフォームも再開され、予定より半月遅れただけで庭が完成しました。

注意点、感想

リフォームするときに生じるトラブルは必ずしも「リフォーム会社」対「依頼主」のトラブルだけではありません。リフォーム会社が見つけた建設会社の手抜き工事が、後になってトラブルになることもあります。

そうなると「建設会社」対「住人」のトラブルになります。その時は「リフォーム会社」を味方につけましょう。実際に今回のトラブルでも、リフォーム会社の方が時には専門用語を用いて建設会社を説得してくださいました。「リフォーム会社」には今後のことをよく相談しましょう。住宅に関して幅広い知識を持っているからです。

そして、相手には適切な要求をすることです。裁判をして新たに賠償請求をするつもりではない場合は、何を要求したいのかを具体的に決め、トラブルの被害も具体的に提示しましょう。「数字」や「被害額」がわかっている場合は証拠も含めてしっかり提示しましょう。

リフォームも建築も、安い買い物ではありません。トラブルが生じるとしんどくなって言いなりになったり、目をつぶったりしてしまうこともありますが、決してそんなことをしてはいけません。話し合いと調査の手間を惜しんではいけません。

さいごに

安心した住まいを手に入れるために、著者の体験談がお役に立つことを願っています。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131024162011 5268ca2bb86fe

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る