生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon health健康・医療

  1.  
  2.  
  3.  
  4. ノンカフェインはどれ?眠れなくならないお茶選びのコツ

ノンカフェインはどれ?眠れなくならないお茶選びのコツ

2015年02月23日更新

 views

お気に入り

コーヒーを飲むと眠れなくなるという話は有名ですよね。皆さんご存知の通り、コーヒーには眠気を取り除くカフェインが入っているからです。お茶にもカフェインが入っているので、「寝る前にちょっとホッとしたいな」と思ってお茶を飲んでしまうと、逆に眠れなくなる場合があります。

つまり、カフェインが入っていないお茶を飲めば眠れなくならないわけです。しかし、大半のお茶にはカフェインが入っているので、夜にカフェインを摂取してしまう人は多いのではないでしょうか?

お茶の選び方

眠れなくならないお茶

それでは、「眠れなくならないお茶の種類」を覚えましょう。ほぼ完全にカフェインが入っていないお茶が、

  • そば茶
  • 麦茶

この2つです。特に「そば茶」にはルチンという血管と血液に優しい成分が入っているので強くオススメしたいお茶のひとつです。しかし、そば茶はそばが主成分なので、アレルギーがある方は「麦茶」を飲むといいでしょう。

また、南アフリカで飲まれているルイボス茶もカフェインを含んでいません。渋みの元であるタンニンも少なく、抗酸化作用もあるとされています。ほのかに甘みのあるお茶で、寝る前のリラックスタイムにぴったりではないでしょうか。

寝る前に飲まない方がいいお茶

ほんの少量のカフェインでも眠れないという人はいませんか? そんな方は夜に「紅茶」を飲むのはやめましょう。豊富にカフェインが入っているので、夜に飲む場合に適していません。

微量のカフェインが含まれているお茶

煎茶」にも少ないながらもカフェインが入っています。「煎茶」を飲んでも眠れなくなるという方は、「煎茶」と同量のカフェインが入っている「烏龍茶」や「ほうじ茶」もおすすめできません。

とはいえ、これらのお茶のカフェインはごく微量ですので睡眠に与える影響は少ないほうだといえます。

実はカフェインが多く入っているお茶

実は「黒烏龍茶」には通常の「烏龍茶」よりも多くのカフェインが入っています。「烏龍茶」を飲んでも問題なく眠れるという人でも、「黒烏龍茶」を飲むと眠れなくなる場合があるのでご注意を。

さいごに

カフェイン。夜とると眠れなくなることは知っていたけど、コーヒー以外なら大丈夫だろう、と何となく思っていた方も多いのではないでしょうか。
妄信的にお茶なら大丈夫、と思っていたのに何だか眠れないことがある。そんなことがある方は、夜飲むお茶は完全にカフェインが入っていないお茶を選びましょう。
特に夜、寝かせる前にお子様に飲ませる場合は注意しましょう。

関連ライフレシピ

この記事で使われている画像一覧

  • 20100113110059

本記事は、2015年02月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る