生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. リメイク作品との比較でホラー映画をより楽しむ方法

リメイク作品との比較でホラー映画をより楽しむ方法

2010年12月02日作成

 views

ホラー映画は苦手な方も多いですが、「恐いの大好き」なマニアの方もたくさんいらっしゃいますね。ホラー映画の需要は世界的に高いのです。ですからヒット作のリメイク作品も多々作られます。

元の作品の大ファンだとリメイク作品の作りが許せなかったり、リメイクも結構イケるなと言う出来だったり、比較しながら見てみるのも面白い物ですよ。

リメイク作品を見よう

ここではリメイクされたホラー作品を何作かご紹介していきたいと思います。筆者は筋金入りのホラーファンですから、どうしても主観が入ってしまいますので感想は抜きでご紹介のみで。

リング

ジャパニーズホラーの金字塔ですね。貞子の恐ろしさは社会現象にもなりました。名作ホラーです。

ハリウッドリメイクです。貞子もアメリカ版だとこんな風になるんだ・・・と言う比較を楽しめます。ホラー文化の違いがよく見える作品です。

呪怨

こちらもジャパニーズホラーの代表作になりました。ショッキングな映像と理不尽な恐怖に終始襲われます。

ハリウッドリメイクですが、監督が日本版と同じ監督であり舞台も日本なので、あまり違和感がありません。違いといえば日本版では解りにくい設定に説明がついている事でしょうか。

the EYE

タイ産のホラーです。ジャパニーズホラーに通ずる芯からゾッとする演出と物悲しさがあります。

アメリカ産リメイクです。オリジナルとほぼ同じストーリー展開なのですが、主人公の職業や様々な設定にお国柄が出ています。

仄暗い水の底から

リングの中田秀夫監督作品です。ジャパニーズホラー独特の物悲しいストーリーが隠された作品です。

ジェニファー・コネリーの主演映画。ハリウッドリメイクです。設定は日本版とほぼ同じ。恐さはオリジナルの方がありましたが、とても感動する作品でした。

おわりに

まだまだたくさんあるのですが、ハリウッドではジャパニーズホラーや韓国・タイのリメイク作が多くてアジアンホラーの優秀さが窺えます。

他国のリメイクで面白いのは、お国柄が作品の中に出る事です。ハリウッドの恐怖表現は大袈裟な気がする事もあるのですが、日本人にとっての恐怖と欧米人にとっての恐怖は質が違うのでしょう。

どこの国の作品でも、見比べる時はまずオリジナルから見ることをお薦めします。リメイク作品の面白さは、オリジナルを知ってこそ、ですよ。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101202143459

本記事は、2010年12月02日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る