生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 長く愛用するために!ときどき身に付けるパールのブレスレットの収納方法

長く愛用するために!ときどき身に付けるパールのブレスレットの収納方法

2013年10月22日作成

 views

結婚式の時など、ときどき身に付けるブレスレット(イミテーションパール)の収納方法をご紹介いたします。

目次

身につけた後にしまうタイミング

身に付けた後、汚れを拭き取る等のお手入れして、半日~1日乾燥させた後にしまうようにしています。

収納の方法

必要な材料

  • ブレスレット(イミテーションパール)
  • メガネ拭き(柔らかい布)
  • 綿棒
  • ジッパー付きビニール袋
  • 厚紙

STEP1:汚れを拭き取る

一日身につけたブレスレットの表面には汗や皮脂汚れ、埃などがついていますので、メガネ拭きなどの柔らかい布で優しく綺麗に汚れを拭き取ります。

STEP2:細かなパーツは綿棒で汚れを取る

布で拭き取れないような細かなパーツは、綿棒を使って優しく汚れを拭き取ります。

STEP3:ブレスレットを乾燥させる

お手入れが終了したら、半日~1日ほど高温多湿を避けた涼しい場所でブレスレットを乾燥させます。

STEP4:厚紙を用意する

お手持ちのブレスレットの幅や長さに合う厚紙を用意するか、サイズに合わせて切ったものを型崩れしないように固定します。

厚紙は絵柄が入っていないシンプルな物が良いでしょう。絵柄が入っていると、絵柄のインクがブレスレットに付着する恐れがありますので避けるようにしましょう。

STEP5:ジッパー付きビニール袋に収納する

ブレスレットをジッパー付きのビニール袋に収納します。湿気がつかないよう、しっかりとジッパーを閉めましょう。

STEP6:アクセサリーケースに収納

アクセサリー専用のケースに収納します。

収納のポイント

厚紙を使用することでブレスレットのパーツ同士が触れ合って傷が付くのを防げる他、ブレスレットが型崩れしないように収納できる点がポイントです。

サビ・変色対策

サビや変色は、湿気や皮脂汚れなどの汚れが付着していることで起こりますので、湿気の多い場所には収納しないこと、使用後は必ずお手入れをしてから収納するようにしましょう。

その他、ブレスレットの収納についての注意点

他のアクセサリーと触れ合ったりすると傷が付きますので、アクセサリー同士が触れ合わないように注意しましょう。

お手入れの際には、強くこすったりするとパールに傷が付いてしまったり、パーツが取れてしまうことがありますので、優しく汚れを拭き取るように心がけましょう。

おわりに

少しでも長く愛用するためにも、きちんとお手入れして保管しておくことが大切です。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131022165802 5266300aca8aa
  • 20131022165825 52663021ea83e
  • 20131022165955 5266307b7f675
  • 20131022170009 526630899375f
  • 20131022170031 5266309f019ef
  • 20131022170041 526630a93e55d
  • 20131022170051 526630b389189
  • 20131022170102 526630be3840d

本記事は、2013年10月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る