生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. 世界遺産・東大寺の基礎知識

世界遺産・東大寺の基礎知識

2010年12月02日作成

 views

世界遺産の東大寺にこれから旅行をされる方むけに東大寺の基礎知識について書いています。

東大寺は1998年に古都奈良の文化財の一部として、ユネスコの世界遺産に登録されています。

目次

東大寺とは

東大寺は、奈良県奈良市雑司町にあるにある8世紀に国力を尽くして建立した寺院のことをいいます。

東大寺は、現在では、修学旅行生や内外の多くの観光客で、常に賑わう観光地となっています。

この東大寺の、近くには、校倉造(あぜくらづくり)の高床式倉庫で有名な、もともと東大寺の倉庫であった「正倉院」(しょうそういん)や「興福寺」、「奈良国立博物館」「奈良県立美術館」などがあります

東大寺の基礎知識

東大寺は、平城京の都の東に建つ大寺(おおてら)ということで、「東の大寺」と呼ばれるようになり、やがて東大寺となったと言われています。

東大寺の境内は平城京の外京の東端を区切る東七坊大路を西端とし、西南部は興福寺の境内と接していました。

この東大寺は、古代から現代に至るまで、日本の文化に多大な影響を与えてきた寺院ということができます。

東大寺には、他にも有名な建築物がいくつもありますので観光でまわられるのには、最適の場所といえます。

東大寺南大門

東大寺の正門であり、国宝にもなっている「東大寺南大門」です。南大門の門内左右には金剛力士像と石造獅子1対を安置されています。

東大寺の中でも東大寺南大門は、みごたえがあり観光するのにもとてもいいとおもいます。

金剛力士像

東大寺南大門には、歴史の教科書でおなじみの、国宝「金剛力士像」、が、左右に納められています。こちらも観光の見所になっています。

おわりに

東大寺は、観光のみどころがたくさんあります。観光で奈良に行かれた際にはぜひおすすめの観光地です。

東大寺は貴重な世界遺産です。その環境などを残していくためにもきまりなどにきをつけて観光しましょう。

本記事は、2010年12月02日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る