生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. 日光の楽しみかた2013

日光の楽しみかた2013

2014年09月16日更新

 views

お気に入り

人の多い日光を楽しむ3つのコツ!

10月半ばの3連休を使い、四半世紀ぶりに日光東照宮を詣でてきました。私ごとではございますが、日光へは小学生の時に行った修学旅行以来のことでした。

お恥ずかしながら、実をいうと著者は日光が世界遺産に登録されたことすら知りませんでした。そして、登録されて14年もの月日が経ったことをもです。

そんな著者が現地で感じたことは、外国人が多いこと!やはりこれは世界遺産効果でしょうね。あとは、東照宮での記憶が五重塔しか残っていなかったというなんとも残念な思いをしたことです。

しかし、それとは別に今回の観光を通じて絶対にこのことさえ知っておけば「日光をもっとスマートに満喫できる」と感じたことを3つほど紹介させて頂こうと思います。

日光の楽しみ方

1【車は日光駅周辺のコインパーキングを使用すべし】

これは、まず東照宮へ続く通称「日光ロマンチック街道」の車の渋滞が解消されず、ダラダラと車内で時間を過ごすのがもったいないと感じたことです。

せっかくの観光地へ来たのですから、日光駅のモダンなつくりとそれにちなんだ駅周辺のローターリーを味わいながら東照宮へ向かうのはいかがでしょう。ゆっくり歩いても東照宮までは、20分見ておけば着くことができます。距離にしても1.5km強といったところです。

また、東照宮専用駐車場の料金は普通車で1日500円です。宿泊で観光する以外での東照宮等での滞在時間は多く見積もっても1日5時間も滞在すれば十分満喫できます。

だとすれば、日光駅周辺のコインパーキングなら最初の30分が無料になり、2時間毎で100円のため5時間なら300円で済む計算になります。

2【お金をだすなら陽明門よりこっち!】

兎角、拝観料の高いことで知られる日光東照宮。陽明門から先が有料として別途に金額を納めるシステムになっているのですが、その値段なんと1300円!!

ちょっと普通の神社では考えられない破格な拝観料ですよね。しかし、そんな高額な拝観料なのに、何故か境内は超満員なのです。ということは、超満員の上にお参りをするため、更に渋滞で動けなくなる。この状態が境内では永遠に続きます。

そんな思いとお金を使うのが嫌だという人には、たったの300円で陽明門以上の感動を味わうことのできる神橋をオススメします!

場所はわかりやすく、東武日光駅から続く日光ロマンチック街道の終点にあります。真っ直ぐ通る1.5kmの観光街を存分に満喫してから出会う神橋は、その名の通り神秘的なものを感じさせてくれます。

さほど大きくない和式建築のつくりで、大きな擬宝殊が立派に備え付けられていることがこの橋の特徴です。そして、何を隠そう実はこの橋も世界遺産に登録されているのです!しかし、驚くのはこれだけではありません。

日本でも屈指といわれる「沖縄 青の洞窟」を彷彿させるこの光景は絶勝以外の言葉が見つからなかったほどです。

3【今ならまだ混むことのない「ゆば」料理店!】

世界遺産である東照宮と同じぐらい有名な、「日光湯葉」。昨今のグルメシーンにおいて登場する日光が誇る食のブランドを、本場でアピールしない店は、まずありません。

今回の観光でも、優に両手を超えるほどの湯葉料理店を知ることができました。しかし、お昼時はどこも人が店外に列をなすほどの混みよう。まして有名どころともなると2時を過ぎても絶えることのない行列・・・。

そんな中、著者が並ぶことも待つこともなく食べれたお店がここでした。

『弦庵』というお蕎麦屋さんです。場所は日光ロマンチック街道の中間から、やや神橋よりで向かいにある「NTTビル」が目印になります。なぜそのビルが目印なのかというと、この店は通りに面していないからです。通りにあるのは、メニューボードと店の幟のみです。そこからよーく奥へ目を伸ばすと、上記の暖簾が視界を捉えてくれます。

つくりは、お蕎麦屋さんというには程遠いカフェスタイルですが「日光ゆばそば」は絶品でした。癖のない薄めの出汁によく絡む歯ごたえのいい麺。そして、それ以上に出汁によく染みこんだ「日光ゆば」。

ゆば刺は、日光ゆば特有の3枚重ねで、その食感に舌鼓を打たせて頂いたほどです。この店は本当にわかりにくいので、この紹介が広まる今なら、待つことなく上質なゆば料理を味わうことができることでしょう。

というわけで、どうでしたか?「日光の楽しみかた2013」。本来なら、この3つを知っているだけで日光を十分楽しめるのですが、今回こうしてお付き合い頂きましたので、特別にもう1つ耳よりなコツをお教えいたします!

日光の楽しみかた2013 番外編

トイレは日光駅を使うべし!

これは、電車利用の方にオススメで、どちらかといえば女性の方必見です。東武日光駅は主線だけあって駅舎内は混雑しています。ということは、必然的にトイレを利用する頻度も多いといえますよね。

そこで覚えておいたほうが便利なのが、「歩いて2分の日光駅トイレに行くこと!」です。最大の魅力は、すぐに用をたすことができること!行けばわかります。東武日光駅のそれとは比でないことが。

注意点は、この場所で耳を澄まして鳴龍の音を鑑賞している人がいる、ということを忘れずにトイレに向かいましょう。けっこうトイレから近いです。

これから日光へ行く方は、是非この3つ+アルファを活用してみてはいかがでしょう。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131018181849 5260fcf993e56
  • 20131018195004 5261125cae908
  • 20131018195044 526112843bf08
  • 20131018195126 526112aebdcbb
  • 20131018195152 526112c8c905c
  • 20131018195227 526112eb54193
  • 20131018195302 5261130e7565e

本記事は、2014年09月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る