生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon housing不動産・住宅

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. たくさんの情報から判断する!土地の地盤を見極める方法

たくさんの情報から判断する!土地の地盤を見極める方法

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

土地の地盤を見極めることは、家づくりで最も重要なポイントです。

ここでは土地の地盤を見極めるために著者が行った方法をご紹介します。

どんな地盤を希望したか、または避けたかったか

川沿いの土地や昔、沼地や池だった場所は避けたいと思いました。元々水があった場所を埋め立てた土地は、どうしても地盤が緩くなりがちだからです。

万が一地震があった時に液状化したり、建物が倒壊しないような強固な地盤を希望しました。

土地の地盤を見極める方法

地名の由来を調べる

地名に「沼」や「池」と水辺を表す字が付く場所は、昔本当に沼や池だった可能性があります。そうした場所はなるべく避けるようにしました。

市役所へ聞いてみる

市役所の都市整備課でここ数十年の土地の状況を教えてもらうことができました。

その頃からどのように使われていたかが、頑丈な地盤かどうかの判断になります。

地元の不動産業者に問い合わせる

地元で代々続いている不動産業者に、土地の由来を問合せました。

自分の所で売り出し中の土地はなかなか教えては貰えないので、他社で見た土地をさりげなく、「〇〇町のあのあたりは昔、沼だったんですかね?」といった聞き方で、何度か面識があって、会話するようになった頃に聞くと、丁寧に教えてくれました。

地元の人に聞く

著者の住む町は田舎なので、地元の人と気軽に言葉を交わすことが日常的です。そこを利用して、代々地元に住んでいる知人に話を聞くと、不動産業者や市役所でも分からない土地の情報を教えて貰えることがありました。

ハウスメーカーの情報から調べてもらう

土地を決める前に家を建てるハウスメーカーを選択し、購入したい地域にその会社で家を建てた人を営業担当から探してもらい、地盤調査の時どのような結果だったかを調べてもらいました。

上記方法を行った際の注意点やコツ

市役所などへ問い合わせる場合は、必ず「家を建てる予定」と目的を伝えないと教えてもらえないかもしれません。また、宅地地図や航空写真を見せてもらえる場合は直接出向くことが必要です。

不動産業者に聞く場合は、何度か業者へ足を運び、物件を見せてもらって仲良くなってからが良いでしょう。いきなりやってきて、情報を聞いても教えてもらうのは難しいかと思います。

著者は不動産業者や地元の人に話を聞くことで、山間部の比較的地盤の固い地域でも、中には沼地だった場所や、田んぼを住宅地へ変えた場所があることを知りました。

著者が気に入っていた土地は、何十年も住宅地として利用されていた場所で、周囲の地盤もとても固く、水はけの良い災害に強い土地だと分かり、安心して購入することができました。

地盤を見極める際に大変だったこと、知っておけばよかったこと

著者が購入希望の地域は、沼が点在する土地だったので、周囲が頑丈な地盤だからと言って、必ず頑丈な地盤の保障がありませんでした。

周囲や業者への聞き込みは大変神経を遣うもので、結局そんな状況をハウスメーカーの担当に話したところ、快く社内のデータから土地の傾向を調べてもらえました。最初から自分たちで行動するのもいいですが、プロの経験を頼ることも必要だと思いました。

また、頑丈な地盤の土地を選んだことは良かったのですが、頑丈過ぎて家を普通に建てられるギリギリの強度だったと後で聞かされました。

これ以上頑丈だと削岩機などで岩を掘りこさなければならなかったと聞き、都市部はともかく、著者のような山間部は注意が必要だと知りました。

選んだ土地に関して、家を建てた後の感想や今になって思うこと

家を建ててすぐ、東日本大震災が起こり、著者の住む地域も震度5強の揺れと、頻繁な余震に晒されました。

頑丈な地盤を選んだおかげで、家は全く壊れず、震度2以下の地震は家の中なら体感することすらなく、助かっています。

また、駐車スペースに入れたコンクリートも、ひび割れることもなく現在に至ります。頑丈な地盤を選んだことで、家を地震から守ることができました。

おわりに

地盤を見極めるのはなかなか1人では難しいですが、たくさんの人の力を借りれば様々な情報を得ることができます。

1つの情報を鵜呑みにするより、多角的に情報を得ることによって、たくさんの情報をより確実な地盤の土地を見極める判断材料にすることをお勧めします。

皆様のお役に立てれば幸いです。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131018133227 5260b9db3627b

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る