\ フォローしてね /

柴犬を飼う前に知っておくべき事

柴犬を飼いたいと思った事はありませんか?柴犬は日本犬の中でもっとも代表的な犬なうえ、人気犬種で現在5位なメジャーな犬です。

そこで、柴犬を飼いたい人のために、飼うべき前に知っておくべき事をご紹介します。

主に3種類の色があります。

柴犬の毛並みは茶・黒・白の3色あります。茶色がほとんどですが、黒も人気です。白は滅多に生まれないので、頭数的に少なく価格も高めです。

もしあなたが、愛犬の繁殖をしたいのであれば、茶かもしくは黒にしましょう。白い柴犬は、毛色の遺伝情報が薄い為、欠陥がある仔犬が産まれやすいです。

毛色の遺伝情報が濃すぎるので。黒×黒もあまりよくないです。

雄と雌で性格が多少かわります。

これは犬全般に言えることですが、雄と雌で性格が異なる傾向があります。雌のほうが比較的優しいのですが、去勢をしてない雄は性格的に気が強い子が多いので一筋縄ではいかない事もあります。

体格も、雄のほうが一回り大きいです。

柴犬初心者であれば、雌犬をおすすめします。

寒さや暑さに強く、とても丈夫です

柴犬は昔から日本にいたため、日本の気候にとても強いです。夏になれば薄い夏毛になり、冬になれば厚い毛でおおわれていきます。鼻も長いため、体温調節が自分でできます。

よっぽど暑い・ものすごく寒くなると別ですが、よほどの事がない限り、冷暖房費&対策費はあまりかからないので、お財布にも優しい犬です。

屋内で飼われている柴犬は、屋外で飼われている柴犬より、やや毛が薄いです。

そして足腰もしっかりしてて丈夫なので、怪我が少ないです。体力もあるので、お散歩やジョギング等の相手にもぴったりです。

お手入れがあまり必要ないです

柴犬は季節によって毛が生え換わります。よって飼い主によるブラッシング程度で問題なく、トリミング等のカット代がかかりません。

月に1度くらいは飼い主がシャンプーしてあげましょうね!

トレイの始末がよいです

柴犬は犬の中でも、トイレに対するこだわりがある子が多いです。綺麗好きなのでトイレは比較的すぐ覚えます。

反面、大人になると家の中や自分の居住範囲で用をたしたくない子が多くなるので、雨の日でも風の日でも、トイレの為にお散歩が必要になるかもしれません。

番犬にぴったりです

柴犬の特性の傾向としては、飼い主に忠実で、警戒心が強いです。小さい頃に人や犬になれさせたりすることで、だいぶ和らぎますが、基本は警戒心が強い犬なので、お留守番中の番犬にはぴったりです。

ただし、反面気が強い子が多いので、オス犬だと特に、常に家庭での上位を狙ってくる子もいます。柴犬に対しては、飼い主の威厳をみせつけ甘やかす事なくビシっと育てましょう。

コマンドを覚えやすい

割と頭のいい犬種です。オテ、オスワリ等のコマンドはすぐに覚える子が多いです。いろんな事を覚えさせて楽しむのもいいですね!

おわりに

いかがでしたでしょうか。飼育環境や、うまれもっての環境にも左右されますが、一般的な柴犬の特徴や気質についてご紹介してみました。

新しい家族に柴犬をお考えの方は、少しでも飼う前に学んで、考えてくださいね。

あなたの最高のパートナーになりますように!

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。