生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 中途退職者の所得税は還付される!所得税の確定申告書の書き方のコツ

中途退職者の所得税は還付される!所得税の確定申告書の書き方のコツ

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

所得税は1年間概算で納税しているので、会社を退職し、その年のうちに再就職しなかった場合、払った所得税が還付されることがあるという事をご存じでしょうか?

その所得税を還付してもらうための確定申告書の書き方について、ご紹介していきます。

どんな種類の確定申告をしたのか

所得税の還付の確定申告です。

筆者が知っているコツとその内容

給与所得者は毎月の給料やボーナスから所得税を源泉徴収されています。但し、この源泉徴収されている所得税は昨年度の年収を元にした概算なので、その年に本当に払うべき年税額と一致しません。

そのため、年末調整が行われ、過不足額が清算されます。ところが、年度の途中で退職をすると所得税が納めすぎになる場合があります。それを確定申告で還付してもらうことが出来るのです。

筆者もそうでした。しかも、それをずっと知らなくて後で知りました。しかし、この還付は翌年以降5年以内であれば行うことが出来るのです。筆者が気がついたのは確定申告の1年後だったので、間に合いました。

もしも同じ年度の間に再就職していた場合は、その会社で年末調整がされますので、確定申告の必要はなくなります。

還付手続きのための確定申告書の提出手順

STEP1:書類を集める

必要書類があります。以下にリストアップします。

  • 給与所得の源泉徴収票(原本)
  • 退職した年の生命保険料などの控除証明書
  • 国民健康保険の領収書
  • 国民年金の領収書
源泉徴収票をもしもらっていない場合はすぐに会社の方へ問い合わせて出してもらうようにしましょう。紛失している場合もお願いすれば再度出してくれるかもしれません。

STEP2:確定申告会場へ向かう

添付書類がありますし、ややこしいので、なるべくなら相談できる確定申告会場に行った方がいいです。

必要書類の他に、還付の入金先の金融機関の通帳、印鑑が必要となります。

e-Taxは手軽ですが、この場合は直接相談した方がやりやすいと思います。

STEP3:記入

源泉徴収票をもとに払った所得税、控除の金額などを記入し、必要書類と一緒に提出します。相談員の方がいらっしゃると思うので、必ず確認してもらうようにしましょう。

数年が経過している場合は必要書類が抜けている可能性が高いので、相談員さんに相談されることをお薦めします。
足りない必要書類を集めるのに時間がかかるので、早い時期に確定申告に行かれることをお薦めします。

その他、注意すべきこと

5年以内であれば申告することは出来ますが、退職した年の生命保険の控除証明書や源泉徴収などずっと保管しているとは限らないので、必要書類を集めるのが大変です。筆者もかなり探し回り、見つけた時は安堵しました。

退職した時は退職した年の書類をまとめて残しておいた方が後々役に立つのだとしみじみ思いました。

おわりに

年度の最中に退職した人は所得税の確定申告に行きましょう。忘れていた、知らなかったという方も、5年以内であればまだ間に合います。必要書類を集めて行かれることをお薦めします。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131016101211 525de7eb12f67

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る