生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 2013年秋冬に行っておきたい関西のアート展まとめ

2013年秋冬に行っておきたい関西のアート展まとめ

2013年10月17日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

秋といえば芸術。さまざまな企画展が開催されます。そこで2013年秋以降(年内)開催の美術館別の企画展をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事では近畿地方のみのアート展をピックアップしています。

開催中

神戸ビエンナーレ2013 横尾忠則 感応する風景

1972 年から74 年にかけて雑誌の企画で日本各地を取材して風景画を描いた「日本原景旅行」と題するシリーズを取りあげます。

  • 会場:兵庫県立美術館
  • 会期:2013年10月1日(火)~12月1日(日)
  • 開館時間 : 午前10 時-午後6 時
  • 入館料:一般600円/大学生450円/65歳以上300円
高校生以下、障がいのある方とその介護の方(1名)は無料です。

日本の男服 ―メンズ・ファッションの源泉―

名画を見るのも良いけれど、日本の男服の変遷を知ってみるのも面白そう!

  • 会場:神戸ファッション美術館
  • 会期:2013年10月11日(金)~2014年1月7日(火)
  • 開館時間:10:00 - 18:00(入館は17:30まで)
  • 休館日:水曜日、年末年始(12月29日-1月3日)
  • 入館料:一般500円/小中高65歳以上250円
入場料は、特別展示・ベーシック展示あわせた料金です。

魅惑の清朝陶磁

「やきもの」の王者として名高い清時代の陶磁器、清朝陶磁の数々!

  • 会場:京都国立博物館
  • 会期:平成25年10月12日(土)~12月15日(日)
  • 休館日:月曜日(ただし10月14日(月)、11月4日(月)は開館、10月15日(火)、11月5日(火)は休館)
  • 開館時間:午前9時30分から午後6時まで(ただし会期中の毎週金曜日は午後8時まで)
  • 観覧料 :一般1300円/大学・高校生900円/中学・小学生400円
障がい者の方と介護者(1名)は、障がい者手帳などの提示で無料となります。キャンパスメンバーズは、学生証を提示すると無料となります。

プーシキン美術館展 フランス絵画300年

ロシアが保有するフランス絵画が日本にやって来た!どうしてロシアがたくさん絵画を保有しているのか?真相は展示会にて!

  • 会場:神戸市立博物館
  • 会期:2013年9月28日(土)~12月8日(日)
  • 開館時間:9:30~17:30(土曜・日曜は19:00まで開館、入館は閉館の30分前まで)
  • 休館日:月曜日(ただし11月4日(月・休)は開館、10月15日(火)と11月5日(火)は休館)
  • 入館料:一般1,500円/大学・高校生1,100円/中・小学生600円
小学生未満、障がい者手帳持参の方は無料。満65歳以上で「神戸市すこやかカード(老人福祉手帳)」持参の方は一般当日料金が半額。神戸市および隣接6市1町、淡路3市、鳴門市、徳島市の小中学生は「のびのびパスポート」提示により無料。

開催間近!

吉備と邪馬台国 -霊威の継承-

誰もが気になる邪馬台国。出土品から古墳などの謎に迫る!

  • 会場:大阪府立弥生文化博物館
  • 会期:2013年10月22日(火)~12月23日(月・祝)
  • 休館日:毎週月曜日(ただし11/4・12/23は開館)、11/5
  • 開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
  • 入館料:一般600円/65歳以上・高大生400円
中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方とその介助者1名様は無料 。また、11月16日(土)、17日(日)は「関西文化の日」のため無料。 

11月公開スタート

ベン・シャーン展 線の魔術師

1930年から60年代にアメリカで活躍し、多くのグラフィックデザイーに影響を与えた画家。アート好きは必見!

  • 会場:伊丹市立美術館
  • 会 期: 2013年11月2日(土)ー12月23日(月・祝)
  • 休 館 日: 月曜日(但し11月4日、12月23日は開館、11月5日休館)
  • 入 館 料:一般700円/大高生350円/中小生100円
兵庫県内の小中学生はココロンカード、クローバーカード呈示にて入場無料。 4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日は60歳以上、土日祝は65歳以上)

おわりに

いかがでしたか?この秋は多くの展示会が待っていますね。

名画を鑑賞するのもいいけれど、陶器や出土品などその地域特有のものを観るのも、歴史や文化の理解が深まるよいきっかけになります。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131017163206 525f927634069

本記事は、2013年10月17日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る