生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 帽子やベルトも合わせておしゃれにポロシャツを着るコツ

帽子やベルトも合わせておしゃれにポロシャツを着るコツ

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

著者はもともとポロシャツはTシャツと同じように一枚着ればそれで良いと思っていました。そのためポロシャツにジーパンというスタイルしか挑戦したことがありませんでしたが、彼女の影響でいろいろ着こなせることがわかりました。

所有しているポロシャツの詳細

著者のポロシャツは「POLO」のポロシャツです。色は茶色、斜めに肌色と白のストライプが入っています。

重ね着と小技でおしゃれにコーディネートするコツ

明るい差し色のタンクトップと重ね着する

お店にあるポロシャツは水色、黄色など明るい色が多いように思います。しかし、著者は茶色や黒などシックな色のものを選ぶようにしています。

明るい色のポロシャツだと中に着れるタンクトップやシャツの色が限られてきますが、黒や茶色のポロシャツなだと桜色や水色など明るい色のタンクトップを重ね着できます。そうすることで裾と首元からきれいに色が見えるように工夫できます。

凝ったデザインのものを選ぶ

ここでいう「凝ったデザイン」というのが、襟やそでをめくったり立てたりすると柄が変わったり、ロゴが書いてあるような、一工夫されているポロシャツです。

ほんの小さな工夫ですが、そこを折って着たりするだけでぐっとおしゃれ感がアップします。

実際のコーディネートのコツ

ジーパンではなく、綿パンに合わせてみる

ジーパンと合わせがちなポロシャツですが、明るい色がついている綿パンと合わせてみると、いつもと違ったコーディネートを楽しめます。

ベルトも少しポップなものを合わせて、シックな上下とのバランスを合わせます。

ポロシャツを着こなすためのアドバイス

ポロシャツもコーディネート次第でもっともっと可能性があることがわかりました。例えばいつもはジーパンと合わせているけれど、綿パンやハーフパンツと合わせてみるとか、ポロシャツの襟を立ててみたり袖をまくってみる
こと、帽子や柄つきのベルトを合わせてみるなど、合わせる生地や合わせる柄を変えてみることで、実はポロシャツもなんにでも合わせてもいいんだということがわかりました。

著者のコーディネートが多くの人の参考になれば幸いです。著者もおしゃれに悩む男子を応援しています!ともにオシャレ度をあげていきましょう!!

(image by amanaimages)
(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131010160216 525650f85f494
  • 20131006204235 52514cab07f29
  • 20131015202926 525d271606699
  • 20131015202901 525d26fd61bde
  • 20131006204425 52514d1949bc3

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る