\ フォローしてね /

フェイクファーを自宅でふわふわに洗濯する方法

毎日使うダウンについているフェイクファーは、冬場はすぐに汚れてしまいます。そんなフェイクファーを自宅でふわふわに洗濯する方法について、ご紹介していきます。

自宅で洗えるファーを見分けるには…

洗濯表示で、おしゃれ着洗いが可能となっているものは自宅で洗っています。手洗いマークにバツがついていなければ、大丈夫だと思います。逆に、手洗いマークがバツとなっているものは、クリーニングに出しましょう。毛皮部分の表示で、クリーニングに出すようにと書いてあるものは、自宅では洗えません。業者にお任せした方がいいと思います。

洗うのに必要な道具

  • シャンプー
  • リンス
  • 35度のお湯
  • 30度のお湯
  • ドライヤー
  • タオル

以前おしゃれ着洗い洗剤で洗った時、ファーの部分だけ肌が荒れてしまったので、シャンプー・リンスで洗うようになりました。この方法は知人に聞いたのですが、おしゃれ着洗い洗剤より綺麗にふわふわになりますし、肌も荒れないのでおすすめです。

具体的な洗い方の手順

STEP1:シャンプー

洗面ボウルにシャンプーをティースプーン1杯入れ、35度のお湯を500ccそそぎます。目分量で結構ですが、きっちり量りたい場合は、計量カップをご使用下さい。

STEP2:洗う

ファーをお湯の中にいれて、洗います。ごしごしこすったりせず、優しくお湯の中を泳がせるような感じで、動かして洗います。

STEP3:流す

水でシャンプーを洗い流します。

STEP4:リンス

リンスをティースプーン1/3入れます。30度のお湯を500cc入れます。この場合も目分量で結構ですが、きっちり量りたい場合は計量カップをご使用下さい。

STEP5:つける

リンスの中に入れて、リンスをファーにつけます。軽く泳がせるような感じで、浸す程度で十分です。

STEP6:流す

水で洗い流します。

STEP7:乾かす

タオルで水気をふき取ってから、ドライヤーでかわかします。

STEP8:完成!

ふわふわになりました。これで完成です。

注意すること

リンスとシャンプーの分量は、あまり入れすぎることはないようにご注意下さい。入れすぎるとファー素材を傷める可能性があります。

おわりに

洗剤よりシャンプーリンスの方が、とても気持ちよく使えています。

筆者は洗剤で首まわりの肌が荒れてしまいましたが、シャンプーリンスにしてからは、肌も荒れていません。一度、お試し下さい。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。