生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 快適な眠りを!ふとん乾燥機を選ぶときのポイント

快適な眠りを!ふとん乾燥機を選ぶときのポイント

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

冬になると室内を閉めきって加湿器や暖房を使用するので、布団が湿気をもつようになりがちです。また、それを放置しておくとカビなどの原因にもなり衛生的にもよくありません。夏場は言うまでもありませんね。

そこで今回は、1台は必ず持っておきたいふとん乾燥機を選ぶときのポイントをご紹介します。

著者が持っているふとん乾燥機について

  • メーカー:Panasonic
  • 価格:5000円以下だったと思います
  • 購入時期:2010年冬ごろ
  • スペック:必要最低限の機能をもったコンパクトな製品です

ふとん乾燥機の選び方

ポイント1:2種類の送風機能

温風を送る機能と、ふつうの送風機能の両方を備えたものを選びます。冬は温風で布団を乾燥させることで、温かい布団で眠ることができます。

夏場は通常の送風だけをして風通しを良くし、布団が湿気るのを防ぐことができます。

このように2種類の送風機能があれば、一年を通して使用することができます。

ポイント2:運転時間

温風は長時間送風し続けることで、ダニの駆除やバッグなどの小物の乾燥といった役割も同時に果たすことができます。なので製品によって違いはありますが、少なくとも2時間は継続運転ができるふとん乾燥機を選ぶようにしましょう。

温風による長時間乾燥を行った直後は、布団が50℃ほどになるこもありますので注意してください。

ポイント3:コンパクトさ

ふとん乾燥機を使用しない場合は、物置きなどに収納しておかなければなりません。そのときに大きなスペースを取ってしまわないように、できるだけコンパクトサイズのものを選びましょう。また、折り畳んだエアマットもかさばりますので、できるだけ薄い素材のものが付属されている商品を選ぶと良いと思います。

著者が使用しているものも、幅27cm、高さ35cmとコンパクトな設計になっています。

おわりに

以上が、ふとん乾燥機を選ぶときのポイントです。ぜひ参考にしてください。

(image by 足成)
(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131012191901 52592215319cd
  • 20131013081931 5259d90391351

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る