生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 頑固で落ちにくい!洗濯物のカビの汚れを落とす方法

頑固で落ちにくい!洗濯物のカビの汚れを落とす方法

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

汗や雨の日など、湿ったままの洗濯物を忘れて放置してしまったりすると、洗濯物にカビが生えてしまうことがありますね。

色物などでは目立ちませんが、白い衣服の場合、よく見ると茶色や黒っぽい染みのようになっている部分があります。

ここでは、洗濯ものについたカビの汚れをきれいにする方法を紹介します。

用意するもの

  • 洗面器
  • 歯ブラシ
  • ビニール手袋
  • 衣類用漂白剤

ここでは、部分用の泡で出るタイプのものを使用しています。(ワイドハイターEXパワーガンコなシミ用)

汚れを落とす方法

STEP1:漂白剤をスプレーする

カビの汚れ部分に漂白剤の泡を直接1プッシュかけます。

STEP2:歯ブラシでこする

STEP1の部分を歯ブラシでこすります。

食べ物のシミなどの場合は、こすらずそのまま洗濯できるのですが、カビの汚れは落ちにくいので、筆者は歯ブラシでこする工程を入れるようにしています。

余り強くこすると生地が痛むので、やさしく洗剤をなじませるイメージで行います。

STEP3:洗い流す

流水で泡がなくなるまで洗い、すすぎます。

ここまでの工程でほとんど汚れは目立たなくなっています。

STEP4:再度、漂白剤をスプレーする

再度、カビの部分にスプレーを1プッシュかけます。

STEP5:洗濯する

洗剤をつけたまま、洗濯機に入れ、通常と同じように洗濯します。この漂白剤は、洗濯用洗剤も普段通りに使用できます。

注意点

ここで使用した漂白スプレーは、つけおきなど放置せず、スプレーしたら泡をつけた状態で、そのまますぐに洗濯するタイプのものです。そのため、処置後は放置せず、すぐに洗濯するようにしてください。

漂白成分が含まれているので、必ず手袋を着用し、換気を行いながら作業しましょう。

色柄ものや素材によっては、使用できない衣類もありますので、事前に洗濯表示を確認してください。

洗濯用洗剤は普段と同じように使用しても大丈夫です。しかし、他の漂白剤や洗剤を混ぜることは避けて下さい。

おわりに

カビは一度ついてしまうと頑固な汚れなので、できるだけカビを付けないよう、湿った衣類は放置せず、すぐに洗濯するようにしましょう。

(image by著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131012161534 5258f71618a40
  • 20131012162414 5258f91ebff24
  • 20131012161702 5258f76e88e63
  • 20131012161740 5258f794545cd
  • 20131012161819 5258f7bb96259
  • 20131012162525 5258f96507497
  • 20131012161852 5258f7dc40f05
  • 20131012161918 5258f7f67f8e2

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る