生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. デリケートだから大切に!冠婚葬祭用真珠ネックレスの収納方法

デリケートだから大切に!冠婚葬祭用真珠ネックレスの収納方法

2013年10月11日作成

 views

使う頻度が低い冠婚葬祭用のネックレスはどのように収納していますか?特に真珠のネックレスは高価でデリケートなものなので、保管には気をつけなくてはいけませんね。

今回は著者が行っている冠婚葬祭用真珠のネックレスの収納方法を紹介します。

目次

身につけた後にしまうタイミング

身につけた後はすぐにしまうと、変色やカビなどで傷めてしまう可能性があるので、お手入れをしてから収納します。

帰宅して着替えなどが終わるまでの間は、柔らかい布の上に置いておき、なるべく早くお手入れをして、しまうようにしましょう。

収納の方法

STEP1:柔らかい布で拭く

真珠の保管で1番重要なのは、表面の汚れを丁寧に拭くことです。汗や皮脂が付いたまま収納すると、真珠が変色したりして傷めてしまいます。

購入した時についていた専用の柔らかい布で、包むように拭きましょう。

STEP2:専用ケースに入れる

STEP1が終わったら、購入した時のケースに入れましょう。

宝石専用のケースはクッションで衝撃から守り、湿気や強い光など通さないので保管に適しています。

STEP3:タンスの引き出しに収納する

タンスの引き出しの奥にケースを収納します。直射日光や極端な温度変化のない環境に置くのが望ましいからです。

収納のポイント

真珠はデリケートですから、ダメージを受けないように湿度や温度変化の少ない場所に収納することが大切です。

また表面に傷つき易いので、真珠同士が当たってこすれ合うことがないように収納することも重要なポイントです。

サビ・変色対策

汗や皮脂をキチンと拭き取ることが大切です。

専用の布が無ければ、柔らかいガーゼハンカチなどで、包む様に拭いて下さい。強く擦ると糸切れするので注意が必要です。

その他の注意点

使う頻度が低くても、定期的に開けてみて傷みがないかチェックしましょう。また真珠のネックレスは定期的に糸替えすることをお勧めします。著者は5年を目安にしています。

長く保管していると糸が弱くなっていることもあります。真珠の粒との間に汚れが付いていることもあるので専門店で見てもらうといいですよ。

おわりに

たまにしか身につけないものだからこそ、収納には気を使わなくてはいけませんね。出してみたら傷んでいた、なんていうことのないよう、大切に保管しましょう。

本記事が収納の参考になればうれしいです。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131010102922 525602f279529 thumbnail
  • 20131010104355 5256065b00550 thumbnail
  • 20131010104939 525607b3d822d thumbnail
  • 20131010112727 5256108fb2d23 thumbnail

本記事は、2013年10月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る