生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 初めて犬を飼うときに知っておきたい3つのポイント

初めて犬を飼うときに知っておきたい3つのポイント

2010年12月02日作成

 views

お気に入り

はじめに

空前のペットブームで犬を飼っているご家庭は大変多いですね。犬用のおせち料理やクリスマスケーキまで売られるほど、犬は家族の一員として受け入れられています。

一方で、人間の身勝手から「飼えなくなってしまった」と捨てられてしまう不幸な犬たちも少なくありません。

これから、初めて犬を飼いたい!という方へ。最期まで責任を持って面倒をみるためにも、事前に知っておくべき3つのポイントをご紹介します。

犬を飼うときに知っておきたい3つのポイント

飼える場所があるか?

まず、飼うための適切な場所があるかどうかを考えましょう。ペットを飼えるマンションであれば、基本的には室内で飼うことになると思いますが、犬の匂いや鳴き声など隣人への配慮も頭に入れておきましょう。

屋外であれば、犬小屋の設置場所に注意が必要です。風通しは良いか、直射日光に当たらないか、なるべく快適な場所を確認しておきましょう。

毎日餌やり・散歩ができるか?

当たり前のことと思われるかもしれませんが、犬を飼う上で、餌やりと散歩は最も重要なことです。

一人暮らしの場合、急な出張で餌をやることができない!という状況になったら大変です。必ず事前に預けられる友人あるいはペットショップなどをリサーチしておくべきです。

また、室内犬であっても、私たちと同じように運動不足やストレスも溜まりますから、散歩ができるかどうかもポイントです。

トイレマナーなどしつけが必要

しつけは、人とペットの犬がともに快適に暮らすための大事なルールです。トイレを決まった場所にするように教えたり、むやみに吠えたりしないよう覚えさせたり…といろいろあることを知っておきましょう。

ただ、しつけをする際、すぐに覚えないからと言って決して怒ってはいけません。気長に教えていくことが、飼い主と犬との信頼関係を築くことになるのです。

おわりに

こんな方がいらっしゃいました。「メグちゃん(犬)は文句を言わないから、子供より可愛い~」。まるで、ペットをぬいぐるみのように思っているかの発言です。

犬などの動物は、人間の言葉を話せませんが、感情があります。私たちがつらいと感じるのと同様、犬もつらいと感じます。

飼う前に、飼い主としての資格があるかどうか、これらの3つのポイントを参考にしながら、自問自答してください。

本記事は、2010年12月02日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る