生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. コツを覚えれば簡単!服のギャザー部分を上手にアイロンがけする方法

コツを覚えれば簡単!服のギャザー部分を上手にアイロンがけする方法

2013年10月10日作成

 views

アイロン掛けは慣れていないと、時間が掛かったり綺麗に掛けられなかったりして苦手意識を持つ方も多いと思います。

ここではギャザー部分を綺麗にアイロン掛けする方法を紹介します。

目次

この記事で使用しているもの

道具

  • 霧吹き
  • アイロン(Hamilton Beach 社 Proctor-Silex)温度設定150℃くらい
  • アイロン台

著者のアイロンは16年前の購入なので、同じものではありませんが、似たタイプのサイトを下記に貼り付けておきます。

アイロン台は脚を出したままでも、スカートを被せることができるアイロン台です。同じ様なタイプのアイロン台が以下の物です。

アイロン:Hamilton Beach iron

使用する服について

  • カテゴリー:タンクトップ
  • 素材:綿

胸の下の切り替え部にギャザーがついています。

アイロンのかけ方

STEP1:洗濯表示をチェック

洗濯表示に中温度(150℃くらい)で掛けるように記載されています。

STEP2:アイロン台に端の部分に服を被せる

ギャザー部分にアイロンを掛けやすくするために、アイロン台の端に服を裾から被せます。

STEP3:形を整え手でシワを伸ばす

縫い目に合わせ形を整え、手で胸から裾に向かってシワを伸ばします。

STEP4:霧吹きをする

コットン素材は霧吹きを使う事で早くシワを効果的に取る事が出来るので、アイロンの前に20cmくらいの高さから霧吹きをして全体をしっとりさせます。

STEP5:アイロンを掛ける

裾から胸へ一方向に滑らせるようにアイロンを掛けます。ギャザー部はアイロンの先端部が当たるようにして掛けると綺麗に仕上がります。

STEP6:服の位置を変えてアイロンを掛ける

被せた服をそっと回して位置をずらし、手で形を整えてしわを伸ばしてから、霧吹きしてアイロン掛けを上記と同じようにして1周掛けたら終了です。

STEP7:吊るす

アイロン掛け後の温かい内はシワになり易いのでハンガーに掛けて吊るしておきます。

心がけるべきポイント

アイロンは強く押して前後に擦ると、シワになったり生地を傷めるので、軽く当てて同じ方向に滑らせるようにします。

おわりに

いかがでしたか。ここではギャザー部を綺麗にアイロン掛けする方法を紹介しました。コツを覚えればそれほど難しく有りません。ぜひ参考にしてください。

(image by amanaimages)
(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131005143913 524fa6017e02b
  • 20131005143531 524fa523292c5
  • 20131005135325 524f9b459e90a
  • 20131005134853 524f9a352d457
  • 20131005141344 524fa0086a045
  • 20131005135111 524f9abf05f0c
  • 20131005141259 524f9fdb6a97d
  • 20131005143120 524fa428b591d
  • 20131005143259 524fa48b5595a
  • 20131005142353 524fa2697f380

本記事は、2013年10月10日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る