\ フォローしてね /

蛇口と排水口を、重曹パワーで掃除する方法

重曹を掃除などに活用する人が増えています。そのワケは、幅広い汚れに対応し、汚れ落ちがよく、お安いから。

年末も近づき、重曹で蛇口と排水溝の大掃除をして、すっきりした新年を迎えませんか?
(イラストは筆者作)

重曹とは

重曹は、炭酸水素ナトリウムといって、塩が原料。お菓子作りで使うペーキングパウダーと同じもの(お掃除用は低純度)です。

重曹は弱アルカリ性なので、酸性の汚れに反応して、これを分解し、浮き上がらせ、キレイに落としてくれます。

主な家庭汚れの種類

酸性汚れ=油汚れ 手アカ 湯アカ 皮脂固まりを含むぬめり

アルカリ汚れ=水アカ 石鹸カス 

つまり、酸性の汚れにはアルカリ性の重曹を、 アルカリ性の汚れ(水アカや石鹸カス)には酸性の酢で反応させると、汚れは中和されて、分解され、きれいに落ちるということなのです。

排水口汚れの落とし方

排水口と配管のぬめりと悪臭をスッキリ落とすには、重曹に酢を加えます。

重曹は酸を中和するときに、二酸化炭素の泡を出しますが、酢を加えると、より多くの泡が発生します。この性質を利用して、手の届かない配水管の中の汚れに絡みやすくするために酢を加えます。泡で洗浄力や消臭力を強くすることができます。

用意するもの

  • 重曹粉 半カップ
  • 酢 1カップ
  • 湯 適量

手順

  • STEP1 重曹を排水口にまんべんなくふりかける。
  • STEP2 重曹の上から酢を少しづつ流して、発泡させる。
  • STEP3 泡を閉じ込めるように排水口にフタをする。
  • STEP4 約1時間おいてから湯で流す。

蛇口汚れの落とし方

蛇口の汚れの主なものは水アカ汚れ(アルカリ性)なので酢(酸性)メインでだいたい落とせます。さらに、重曹は油よごれ落としと研磨用として使います。

用意するもの

  • 重曹 適量
  • 酢水 適量  (酢200mlに酢大さじ2を混ぜたもの)

手順

  • STEP1 酢水を蛇口にスプレーする。
  • STEP2 スポンジで軽く洗う。
  • STEP3 水で流す。
  • STEP4 まだ、汚れが残っていたら、歯ブラシに重曹をつけて水を含ませ、汚れをこすり取り、水で流してピカピカに! ##おわりに まず目に入る蛇口がピカピカだと、気分よく、流れ出る水もキレイな印象になります。また、目には見えない排水口や配管の雑菌やぬめりも重曹と酢のパワーできれいに落として、いつも衛生的で心地のよいキッチンをキープしましょう。
このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。