生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. ポイントは自家製挽肉!牛100%ハンバーグの作り方

ポイントは自家製挽肉!牛100%ハンバーグの作り方

2013年10月09日作成

 views

目次

レシピの紹介

フードプロセッサーがあるなら、ぜひ家で「挽肉」を作ってハンバーグにしてみてください。挽肉を自分で作ることができるので、好みの割合の合い挽肉も作ることができますし、牛100%のハンバーグも簡単に作ることができます。

材料(2人分)

ハンバーグ

  • 牛こま切れ肉:250g
  • たまねぎ:1/2個
  • 卵:1個
  • 味塩こしょう:小さじ1/2
  • ナツメグ:小さじ1/4
  • パン粉:大さじ2

ソース

  • たまねぎ:1/2個
  • マッシュルーム:4個
  • お好みソース:大さじ2
  • トマトケチャップ:大さじ2
  • 水:50ml

作り方(調理時間:30分)

STEP1:挽肉を作る

フードプロセッサーで牛肉を挽肉にします。細かくなるまで粉砕しましょう。挽肉ができたら、ボウルに移しておきましょう。

著者のフードプロセッサーでは1分ほどかけると、写真くらいの挽肉になります。

STEP2:たまねぎをみじん切りにする

たまねぎも粉砕します。細かくなるまでフードプロセッサーにかけ、STEP1の挽肉と同じボウルに移しておきましょう。

フードプロセッサーだと、時短でみじん切りができ、便利ですよ。

著者のフードプロセッサーでは、45秒程度でみじん切りになります。

STEP3:混ぜる

ボウルに残りのハンバーグの材料を全て入れて、タネを作ります。

粘りが出るまでしっかり混ぜましょう。

STEP4:成形する

空気を抜きながら成形します。

グラムを計って成形すると、一つあたりが同じ大きさになります。

STEP5:焼く

フライパンに大さじ1程度のサラダ油(分量外)を入れ、中火で、4分程度焼き、焼き目がつくまで焼きます。180℃位の温度で、しっかり焼けて焼き目がついたら、裏も焼きましょう。

裏返した時、キッチンペーパーで油を拭き取るのがポイントです。

STEP6:蒸し焼きにする

裏返したら、蓋をして弱火で約3~4分、蒸し焼きにします。竹ぐしを刺してみて、肉汁が出てくるなら焼けた証拠です。両面が焼けたら、お皿に盛っておきましょう。

裏は蓋をして蒸し焼きにするとふっくら焼き上がります。

STEP7:玉ねぎとマッシュルームを炒める

STEP5のフライパンの表面を軽くキッチンペーパーで拭き、そこに千切りにした玉ねぎを入れて炒めます。玉ねぎがしんなりしたら、千切りにしたマッシュルームも入れましょう。

火加減は焦げない程度の中火で、3分程度が目安です。

ハンバーグを焼いた後の油でソースを作ります。

STEP8:水・ケチャップ・お好みソースを加える

玉ねぎとマッシュルームを炒めているフライパンへ、水、ケチャップ、お好みソースを混ぜたものを入れ、沸騰するまで加熱します。全体がなじんで、ソースにとろみがついたらソースの完成です。

完成!

お皿にハンバーグを盛り付け、上からソースをかけたら、「自家製挽肉!牛100%ハンバーグ」の完成です!

作り方のコツ

お肉はこま切れ肉で構いません。肝心なのは直前に挽肉にすることです。フードプロセッサーで挽肉にするだけで、おいしいハンバーグができます。

また、ポイントはソースです。ハンバーグを焼いた後の油を使ってソースを作るので、肉の旨みがしっかりと感じられます。

牛100%なので、かなりガツンとした男性ウケのいい味になっています。豚肉などと混ぜて合挽肉にしてもおいしくできますよ。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131007095129 5252059169cd2
  • 20131007095359 52520627ece0b
  • 20131007095510 5252066eca994
  • 20131007095624 525206b8602dd
  • 20131007095641 525206c9e97e5
  • 20131007095750 5252070e5a837
  • 20131007095942 5252077e1fba2
  • 20131007095959 5252078fea727
  • 20131007100131 525207ebb032d
  • 20131007100304 52520848173f6
  • 20131007100622 5252090e9eefd
  • 20131007100605 525208fd82bc3
  • 20131007100851 525209a32f982
  • 20131007100935 525209cfeb64c
  • 20131007095129 5252059169cd2
  • 20131007095217 525205c130380

本記事は、2013年10月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る