生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 省エネも考えよう!冷蔵庫チルド室の片付け方法

省エネも考えよう!冷蔵庫チルド室の片付け方法

2013年10月07日作成

 views

最近の冷蔵庫にはチルド室というものが付いていますが、低温なことはわかっていながらも、案外自分なりの判断で使っている人が多いのではないでしょうか。

チルド室について知って置くべきこと、上手な使い方とはどんなものでしょうか。今回は著者が行っている収納方法を紹介します。

目次

チルド室収納に適したもの・適さないもの

チルド室は冷蔵と冷凍の間、0℃前後に設定された冷蔵室です。鮮度の落ちやすいものや発酵して品質が変わりやすいものなどを入れておくのに便利な場所ですね。

収納に適しているのは魚・肉・ヨーグルトなどの乳製品・漬物などです。低温に弱い葉物野菜や果物、マーガリン、水分の多い食品(こんにゃくなど) には不向きです。

食品を管理しやすく収納するコツ

チルド室に収納する食品はある程度限られているので、冷蔵庫の中でもスペースはそれほど広くはありません。高さがあまりないので、入れ方を工夫しパッと見てすぐに取り出せることが重要です。

収納の方法

大雑把に2つのスペースに分けて収納します。著者の場合はトレイを2個使い、肉や魚類とその他に分けています。

狭い場所なのでニオイが移る可能性もあります。肉、魚などニオイがするものを他のものと分けておくとそれを防ぐことができます。

また決まった場所にしておくと探す手間も省け、開扉時間を少なくすることもできます。

収納のポイント

詰め込まない

詰め込みすぎると室内温度が上がり、品質保持にも影響が出ます。また必要なものを取り出すのにも時間がかかることになります。スペースの7割以下くらいにするのが適切です。

容器を変えてすっきり収納

買ってきたトレイやパックのまま収納すると、場所を取る上につい重ねた収納になりがちです。当日使わない食材は保存袋や保存容器に移し替えてすっきり収納したいものです。

賞味期限

チルド室に入れておけば鮮度が保てると思って、ついつい賞味期限、消費期限を忘れてしまうこともあります。開けた時にひと目でわかるように日付をこちら側に向かせるとか、保存容器に移し変えたら必ず日付を入れるようにします。

チルド室開閉の際の注意点

チルド室は冷蔵室の室内に設置されていることが多いので、中のものを取り出すときには冷蔵室全体を開閉することになります。長く開けていたり、何度も開閉しなくてもいいように必要なものを予め確認して、1度に取り出すようにしましょう。

またチルド室の引き出しは都度しっかり閉めておくことも大切です。

チルド室収納に関する注意点

温度は季節や中身によって調整

冷蔵庫のメーカーによって温度調節の仕方が異なるので、取り扱い説明書に従って季節によってあるいは中身の量によって調節してください。

賞味期限に注意

鮮度を保つチルド室ですが、開閉の頻度や季節によって品質に影響が出ます。常に消費期限などに注意し、早めに使うようにしましょう。

さいごに

いかがでしたか。チルド室のことを十分理解したうえで適切な使い方をすれば、節電にもなりますし、何よりも食品を安全に美味しく食べられることになりますね。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131006151059 5250fef3dbca2 thumbnail
  • 20131006151235 5250ff535f57d thumbnail
  • 20131006151336 5250ff9054955 thumbnail

本記事は、2013年10月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る