生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. アクセサリーもベルトも合わせて!女性らしいポロシャツの着こなし術

アクセサリーもベルトも合わせて!女性らしいポロシャツの着こなし術

2013年11月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

今回は、著者が実践しているポロシャツの着こなし方をご紹介します。

ポロシャツはジーパンに合わせたり、スポーツの時着るもののように感じがちですが、着こなし方によっては、とてもガーリーにカジュアルに着こなすことができます。

所有しているポロシャツ

著者のポロシャツはユニクロで購入したものです。色は朱色、無地、デザインの特徴は腰にくびれがあり、袖はパフスリーブで短めです。

購入のポイント・着こなすポイント

パフスリーブで少しくびれているものを選ぶ

最近はかわいく着こなせるポロシャツが増えています。袖が短めでパフスリーブのポロシャツを選びます。少しサイズ小さ目で体にピタっとくる方が女性らしく見えます。

同じサイズで違う色のポロシャツを何着か購入しておく

同じポロシャツを重ね着するため、同じサイズで違う色のポロシャツを何着か購入しておきます。例えば、著者はレモン色と朱色の同じポロシャツを持っています。袖や裾からちらっと見える差し色によって、きれいにコーディネートできます。

ポロシャツはマリンチックにコーディネート

上をピタッとサイズにしている分、下はふわっとした綿生地のスカートを合わせます。麦わら帽子やウェッジソールに似合うようにコーディネートを完成させていきます。

アクセサリーも忘れずに!

アンマッチに見えるベルトも、合わせ方によってはポロシャツによく似合います。バングルの重ね付けもおススメです。

中に着ている服・合わせる靴や他のアイテムとのバランス・コーディネート

ポロシャツは一枚単体で着るイメージがありますが、中にレースのキャミソールなどを着て、ポロシャツのボタンを開けると、襟の隙間からレースが見え隠れして女性らしいスタイルになります。

靴もスニーカーではなく、サンダルやペタンコパンプスがおすすめです。ポロシャツ1着で十分さわやかさを演出できるので、ネックレスもさわやかな「青色、白色ビーズ」などのネックレスを選びましょう。

これで、夏にお勧めのコーディネートの出来上がりです。

コーディネートの失敗談

生地のテイストが違うためミスマッチ

色はとても合っているのに、生地のテイストが違うためミスマッチです。スカートはポリエステルなので、シャカシャカした生地で少しテカリもあります。ポロシャツが綿素材なら、スカートも綿の素材で合わせましょう。

スカートの生地をポロシャツに合わせる

スカートを綿素材に変えてみました。生地を合わせるだけで、ぐっと統一感が増しました。

ポロシャツを上手に着こなすためのアドバイス

ポイントはポロシャツの概念を破ることだと思います。一番無難なコーディネートといえば、ポロシャツにジーパンにスニーカーという定番スタイルだと思います。

でも、せっかくなら、ポロシャツにスカートを合わせてみたり、厚底サンダルを合わせてみたり、麦わら帽子を合わせてみたりして、色々なスタイルに挑戦してみることです。

さいごに

このようにコーディネート次第ではデートにも着て行けるほどおしゃれに着こなせます。ポロシャツは生地的にも肌触りも着心地抜群のアイテムです。そこにおしゃれ要素を足して、女子力をアップしていきましょう。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131004165201 524e73a1dec70
  • 20131007113950 52521ef683e09
  • 20131004165234 524e73c27ab15
  • 20131004165440 524e744023038

本記事は、2013年11月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る