生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. お酒を飲んでも、吐かない程度に抑えられる方法

お酒を飲んでも、吐かない程度に抑えられる方法

2014年04月15日更新

 views

お気に入り

酒は飲んでも飲まれるな

お酒を飲む席というのは、どんな状況であれ楽しい場でありたいですよね。
でも、楽しくお酒を飲んで酔ってくると、ついつい飲み過ぎてしまうことがあります。その方向に進んでいくと、待っているのはトイレと仲良しになる状況がほとんどです(私の場合は特に)。

お酒を飲んでも吐かない程度に抑える方法

チャンポンしない

ひとつは「チャンポンしない」ということです。
チャンポンとは色々な種類のお酒を飲むこと。ビール・ワイン・日本酒・ウィスキー・ハイボール・・・お酒の種類というのは沢山あるし、そこそこ飲める人にとっては「あ、あれものみたいかも」と思いつきで飲み進めてしまう場合があります。
でも、その気持ちのままに飲んではいけません。個人差はあると思いますが、飲み合わせが悪い種類が吐く行為につながるのです。
(私の場合は大体2種類で抑えておくと次の日に支障がないです。)

注ぎ上手に注意

何回かお酒の席を経験すると、その場にいる注ぎ上手な方に遭遇します。注ぎ上手な方は相手を酔わせ、自分も酔うというのが好きな方が多い気がします。
「つがないでください!」と断るのではなく、注いでいただいても飲み進めすぎないようにするのが場の雰囲気を守るコツです。

飲み過ぎない

基本的すぎて記載するか迷いますが、一応書きます。2回・3回の失敗は当たり前と思って、飲んでいる量を把握しておくことが、次回飲み過ぎないことにつながります。失敗した量を飲めば、また失敗するのは当然です。かといって、お酒に弱いんだからもう飲まない、というのもお酒の楽しさを知った後ではなんだか寂しいわけです。
適量を知ることができれば、こっちのもの。場の雰囲気によって、酔い方や酔っぱらい速度も変わると思いますが、大体の目安を知ることが重要だと思います。

女性は生理中には飲まない

生理中は極端に肝機能が低下するため、深酒はオススメできません。
肝臓で分解しきれないほどのアルコールを摂取すると、気持ち悪くなってしまうのです。
全く飲んではダメ、ということではありませんが、かなり控えめにしておいたほうがいいでしょう。

最後に

結構偉そうに書き連ねましたが、こんな私も何十回と失敗しています(苦笑)というか、つい先日失敗したばかりです。普段は家で飲むので、久しぶりに外出して飲み会に参加したら案の定と言わんばかりに大失敗。お気に入りのコートは汚れるし、丸1日をぐだぐだと過ごしてつぶしてしまう始末。とはいえ、飲み会はとてつもなく楽しく過ごせたし、ぐだぐだになったのも1日で済んだので、良い経験になりました。
個人的な教訓としては「ボトルワインには手を出すな!」です。ワインを飲むと良いことがありません。悪酔いすることうけあいです。そんなことも忘れるぐらい、ワインを飲んでいなかったのですが。ここで書き記しておくことで、自分自身の戒めにもなるので、投稿させていただきました。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100111132155

本記事は、2014年04月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る