生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. きちんとした華やかな装いで!結婚式の二次会における男性の服装ポイント

きちんとした華やかな装いで!結婚式の二次会における男性の服装ポイント

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

結婚式の二次会へ出席するときの服装マナーには気を使いますね。今回は結婚式の二次会で著者がどのような点に注意したかをご紹介します。

参加した二次会について

著者が参加した結婚式の二次会は特にドレスコードの指定はありませんでした。また、会場はホテルのレストランの「立食タイプ」で50人程度が集まっていました。

中には披露宴から参加している人も混ざっていましたが、著者は二次会からの参加でした。

参加した時の服装

きちんとした華やかな装い

  • 黒系の上下スーツ
  • 白いワイシャツ
  • 赤系のネクタイ
  • 黒い靴
そのほかシルバーの腕時計をして、髪はスプレーで頭頂部のみ形を整えました。

気をつけたマナー

「お祝い」なので明るく、しかし崩しすぎて失礼に当たらないように配慮しました。ネクタイは顔の近くにあるので赤等の華やかなデザインを選ぶだけで、ビジネスとは異なり、明るい印象になると思います。

ポイント1:新郎と重複しない服装

女性と違い、男性はスーツの色を似たようなものにすると、どうしても同じように見えてしまいがちです。

お祝いの場であり、二次会とはいえ結婚式の主役は新郎新婦であることに変りはないので、同系色は避けました。後から写真を見ても、スーツの色を新郎と合わせなくて良かったと感じています。

また、予め著者は新郎が「グレー系のスーツを着る」と聞いていたのでグレーのスーツは避けようと決めていました。
もし、分かるようであれば新郎と重複しない服装を心がけましょう。

ポイント2:お祝いの気持ちを表現

スーツに普段使用するようなデザインのネクタイを付けると、ビジネスの印象になってしまいます。ネクタイを明るい印象のものに変えるだけで一気に華やかになります。

その際に、あまり複数の色が入っているものよりもシンプルなデザインではっきりした色のものの方がまとまりやすいと思います。

ポイント3:「きちんと感」を心がける

二次会とはいえ、きちんとした印象と清潔感は忘れてはいけません。クリーニングに出したスーツに清潔なシャツと、ベースの「きちんと感」は必ず維持しましょう。

シワにも気をつけて、すっきりとした装いで参加すると自分自身も周りの人も気持ちよく楽しめると思います。

おわりに

いかがでしたか?二次会の服装マナーを守って楽しい時間を過ごせるといいですね。

(image by amanaimages)
(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130927125525 524501ad4a4e7
  • 20130930133158 5248febe033a4

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る