生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 新郎新婦が幹事を担当!結婚式二次会にかかった費用と収支

新郎新婦が幹事を担当!結婚式二次会にかかった費用と収支

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

著者はつい先日結婚式を挙げましたが、結婚式関連の費用は結構がかかりますよね。

著者は結婚式二次会を幹事さんに任せず、受付以外は著者たち夫婦で全て行ったのでなかなか大変でしたが、結婚式に比べ二次会は赤字を出さずに済みました。

こちらの記事では結婚式の二次会にかかった収支についてご紹介します。

二次会の概要

二次会のスタイル

二次会は会費制の立食形式にしました。

会場タイプとゲスト人数

会場は挙式・披露宴と同じホテルのバンケットで、ゲストの人数は35名です。

二次会の予算計画

  • 会費:4500〜5000円
  • 会場費:結婚式会場と同じ施設だったので不要
  • 料理代:60000円
  • 飲み物代:飲み放題で1人3000円程度
  • その他:ビンゴ用の景品代

料理代とドリンクで会費ギリギリなので、景品代は手出しになる予定でした。

二次会開催後の内訳

会費・実際に参加した人数

  • 会費:5000円
  • 実際に参加した人数:35名(会費あり)+新郎新婦2名(会費なし)

出費の内容

  • 一品料理代:45000円
  • ケーキ・デザート代:15000円
  • 飲み物代:1人3000円程度、計111000円(新郎新婦含む)
  • その他:ビンゴの景品は著者の父が出品してくれたので、著者たちの費用かかりませんでした。
  • 受付担当者へのお礼:1人3000円、計6000円
  • 計:177000円
女性のゲストが多かったので、料理よりもケーキに予算を使いました。

収支状況

  • 収入:175000円
  • 支出:177000円
  • 結果:2000円の赤字

おわりに

著者たちはビンゴの景品は著者の父が出品してくれたので著者たちの費用かからなかったのですが、そうでなかったら参加者全員に何かしら当たるようにしたので、もっと赤字になっていただろうなと思います。

やはり、ホテルでの二次会は料理代などで費用が増すので、少しでも抑えたい方は居酒屋さんやカフェバーなどを利用した方がいいと思います。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130917132650 5237da0ac35b7

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る