生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 3日坊主で終わらない!1冊にしぼったノート活用法

3日坊主で終わらない!1冊にしぼったノート活用法

2013年09月25日作成

 views

突然ですが、みなさまは学生の頃ノートの線に沿って綺麗に文字を書いてましたか?著者の回答はYesです。ノートと言うのは線に沿って書くべき、綺麗にとるべき。という先入観に著者は支配されていました。

そのため、ノート書くの面倒だと初めては3日坊主で書かなくなると言うことを繰り返しておりました。しかし今は毎日の様にノートに何かを書ける様になり、この3年間で47冊以上書き残しております。

本日はそのハウツーについてご紹介いたします。

目次

このハウツーを紹介する著者について

  • 著者の社会人歴:3年目
  • 著者の職種・役職:技術、営業
  • 著者の性別:女性
  • 著者が勤める会社の業種:ITベンチャー
  • 著者が勤める会社の従業員数:60名

紹介するノートの活用法について

このハウツーを知ったきっかけ

著者は内定が決まった頃に読書は1冊のノートにまとめなさい 100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディングを読みました。

なぜノートを書こうと思ったかと言うと、書籍が家に溜まっていてどうにかして効率よく処分しようと決意したからです。

ノートの利用用途

主に、読書メモ、業務メモ、日記、使用済の旅先のパンフレット…等、様々なものを書いています。筆者がノートを書く目的が1ヶ月後、1年後…見返した時、あの頃の自分はどの様な考えをしていたのか思い出すためだからです。

女性で言うと高校時代に作った「プリ帳」にイメージは近いかもしれません。

このハウツーの利用歴

内定が決まってから今までなので3年使っております。

3日坊主にならないノートの書き方

まず最初に、1冊のノートを準備してください。サイズは何でも大丈夫です。初めの頃は著書に倣ってA6を使っておりましたが消費速度が早すぎたのでA5に変わりました。

ポイント1:今日の日付を書く

ここが1番大事なポイントです。「いつ」に「なに」がおきたのか未来の自分が見た時に分かる様書きます。

ポイント2:ひたすら書く

とにかく書きます。線なんて無視してください。字も適当で大丈夫です。学校の先生に見せる訳でもなく「将来の自分」へのメッセージなのですから。

ポイント3:付箋やメモ用紙に書いたものはノリで貼り付ける

とにかくノートは1つです。ノート以外に書いたものはノリでぺたりと貼付けましょう。これでノートを家に忘れるなどの不測の事態が起きても安心です。

ここが意外とポイントだったりします。会社用、家用と分けていると2冊用意する必要があり、会社用のノートを家に忘れたとなると書く気が薄れてしまい、次第にやる気がなくなってくるのです。

おわりに

47冊以上溜まったノートをたまに見返した時、とても前向きで何があってもくじけないそんな昔の自分を見て励まされたことがあります。

何も知らなかったあの頃と色々知ってしまった今。自分は色々な意味で成長したのだなと感じました。それも3年間ノートを書き続けたお陰です。

この文章を見てくださったみなさまにもこの経験をぜひ一瞬でも体験頂けたら幸いです。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130925144134 5242778e51496

本記事は、2013年09月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る