生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 健康を願う結びの言葉!手紙で使う「加餐」の意味と使い方

健康を願う結びの言葉!手紙で使う「加餐」の意味と使い方

2013年09月20日作成

 views

お気に入り

手紙で結びの言葉として用いる「加餐」はあまり馴染みのない表現ですね。そもそも何て読むんだろう?なんて方も多いはず。

「加餐(かさん)」は相手の健康を願う時に用いる語なのです。

ここでは「加餐」の意味と使い方についてご説明します。

(image by amanaimages)

「加餐」ってどんな意味?

そもそも「加餐」とはどのような意味なのでしょうか。

「加餐」を辞書で調べてみると

(食物を加える意から)養生すること。健康に気をつけること。多く、手紙文で相手の健康を願って用いる語。
「加餐(かさん)」とは? - コトバンク

とあります。

ちなみに「養生」についても辞書で調べてみると、いくつかある意味の中で

生活に留意して健康の増進を図ること。摂生。
病気の回復につとめること。保養。
「養生(ようじょう)」とは? - コトバンク

が「加餐」の意味として当てはまります。

つまり手紙における「加餐」は

健康に気をつけてくださいね。

という意味になるのです。

「御加餐下さい。」という形で結びの言葉として使います。

「加餐」の使い方

ではどのような時に「加餐」を使えばいいのでしょうか。いくつかご紹介します。

用例

寒い季節ですので、どうぞ御加餐下さい。

時節柄御加餐ください。

この様に、季節のこと等に触れつつ手紙を締めくくる文句として使いましょう。

おわりに

いかがですか。

読むのはもちろん、書くのも少し難しい「加餐」は相手を思いやる素敵な語です。知的な印象も与えられそうですね。

参考にして頂ければ幸いです。

この記事で使われている画像一覧

  • 20130920130431 523bc94fdbebb

本記事は、2013年09月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る