生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. 外さないDVD−Rの選び方

外さないDVD−Rの選び方

2013年11月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

いろいろ失敗した結果たどり着いたDVD−Rの選び方です。

著者が持っているDVD-R

  • メーカー:SONY
  • 価格:約1700円
  • 購入時期:2013年7月

DVD−Rを手堅くきっちり選ぶコツ

1:国産メーカーを選ぶ

冒険はしないことです。

まず、当たり外れで書き込めないようなものは、国産メーカならありません。安さでどこのだか分からないヤツを買うと、半分以上焼けないなんて事もざらです。なので、きちんと残したいものに関しては国産メーカーのものを選びましょう。

2:保存方法で選ぶ

ケースでしまうか、フォルダでしまうか、です。

一枚ずつケースに入れてしまうのなら、最初からケース入りのものを選んだ方が楽です。何枚も収納するタイプのフォルダでしまうなら、ケース無しの大きいパックが使いごたえがあります。

ケースのサイズや形にこだわりがあるのなら、大きいパックを買って、別売りのケースを使うのもありでしょう。

3:人に渡す時のことを考える

ケース入りだと割高なので、大勢分となると値段もお高くなっちゃいます。学校行事など、大勢に渡す時は、ケース無しの大きいパックのDVD−Rでダビングして、メディア用の封筒で渡すのもありです。

使い道によってどのパックにするかを選んで買いましょう。でも、失敗しないためには国産メディアを使う事を強くおすすめします。

おわりに

最初のうちは安物買いに走って、焼けないメディアが半分以上なんて事もあり、いろいろ試して、結局国産に落ち着きました。

結局悟るまでにかなりの枚数を無駄にした結果、たどり着いた絶対外さないメディア選びです。どうぞ参考にして下さい。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130909081549 522d052590784

本記事は、2013年11月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る