生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 「清遊」とは?手紙文でよく用いる言葉の意味と使い方

「清遊」とは?手紙文でよく用いる言葉の意味と使い方

2013年09月19日作成

 views

特に手紙文でよく用いられていたような言葉は、メールの普及に伴って目立たなくなってきてしまいました。しかし、メールで手紙を送る時代でも、使う言葉が変わったわけではありません。

手紙文ならではの言葉を使ってメールを送るだけでも、相手を「おっ!」と思わられるのではないでしょうか。そんな手紙文で使われる言葉で、「清遊」という言葉があります。若い方はあまり見たことがないかもしれません。

そこでここでは、「清遊」の意味と正しい使い方を説明したいと思います。

目次

「清遊」の意味

「清遊」という文字を見ると、「清らかに遊ぶ?川遊び?」と思ってしまいますが、もちろんそういったことではありません。

「清遊」とは

1:世俗を離れて風流な遊びをすること。また、その遊び。
2:(手紙文で)相手を敬ってその遊びや旅行をいう語。
清遊とは? - コトバンク

という意味を持っています。手紙文で用いられるということで、ここでは2番目の意味になります。

相手の旅行を表している、と言われてもそんなに使うことは滅多にない、と思う方が多いと思います。しかし、実はこの言葉を使う場面は意外とあるのです。

「清遊」の使い方

意味がわかっても「清遊」の使い方がピンと来ない方は多いはずです。しかし、実はこんな使い方があるのです。

当地へ御清遊の折にはお立ち寄り下さい

ざっくり訳してしまえば、「こちらへ遊びに(旅行に)来た時は、寄っていって下さいね」という感じですね。

そう言われてみると、遠くの方からの手紙の末尾にこういった一文が添えられていることがあるのを思い出す方がいるのではないでしょうか。

言葉としても綺麗な印象を受けますし、「その時は是非!」と思ってしまいます。

注意点

かなり限定的な意味と使い方ですので、間違えるということはないと思いますが、気に留めておくことが1つあります。

この「清遊」は敬語ですので、気心の知れた友人などに送る場合には、使う必要がありません。「こっちに来た時は~」くらいで良いと思います。

しかしそれと間違えて、目上の方に使わなかったなんてことにならないようにしましょう。

おわりに

手紙文で使われる言葉というと、冒頭に付く言葉を想像してしまいがちですが、末尾を飾る言葉も多いです。

遠くの方へ手紙を送る際は、是非参考にして下さいね!

(image by amanaimages)

著者:タイガー

この記事で使われている画像一覧

  • 20130919171958 523ab3ae1eae4 thumbnail

本記事は、2013年09月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る