\ フォローしてね /

敬語の使いすぎは逆に失礼!「お越しになられる」の意味と正しい使い方

企業を訪ねて来る方は毎日いると思います。その方々を目的の方へ取り次ぐ、というのも立派な会社員の務めですよね。ただお客様が来たことを伝えるだけの簡単なことですが、社会に出るとそんな場面の言葉遣いですらしっかり見られています。

「お越しになられました」という言葉で上司に取り次いだことはありませんか?よく聞く言葉ですが、実は間違った言葉なのです。そこで、ここでは「お越しになられる」の意味と正しい使い方を説明したいと思います。

「お越しになられる」の意味

「お越し」の意味

文字を見れば、丁寧な敬語であることはわかります。簡単にすると「お越しになる」という言葉に言い換えられます。「お越しになる」とは、

  • 「来ること」「行くこと」の尊敬語

取り次ぐ場面では、「来たこと」を伝えるので意味的には間違っていませんね。

間違っている部分

意味は間違っていないならば、どの部分が間違っているのでしょうか。

それは敬語の部分です。敬語を使う上で誤りとされていることの中に「二重敬語」というものがあります。敬意が二重になってしまっている部分は以下の通りです。

  • 「お~になる」は一般的な尊敬表現
  • 「お越し」は「来る」の尊敬語

組み合わせやすい言葉ですが、2つ使う必要はありません。

二重敬語が許される事例

二重敬語はほとんどの場合、誤りとされていますが1つだけ例外があります。

天皇に対して使う場合のみ、二重敬語は許されるのです。テレビのニュースなどを注意深く聞いていると、二重敬語を使っているのがわかると思います。万が一、企業に天皇が足を運ばれる機会があれば、そのときだけは「お越しになられる」で間違いはありません。

「お越しになられる」の正しい使い方・言い換え例

正しい使い方

「お越しになられる」という言葉がいけないのは「二重敬語」の部分です。ですので、二重敬語を取り除いてしまえば正しい日本語になります。

使い方の例としては、

  • ◯◯様がお越しになりました
  • 気を付けてお越しください

などが挙げられます。

「お越しになられました」と言ってしまがちですが、こう見てみると「お越しになりました」も言いやすい言葉だと思います。

その他の言い換え例

「お越しになりました」が口から咄嗟に出ない場合は、他の言い方を考えましょう。その他の言い換え例は、

  • いらっしゃいました
  • お見えになりました

などがあります。

どちらも難しい言葉ではないので、どれかを選んで習慣づけてしまうのも1つの手ではないでしょうか。

注意点

「お越しになられる」以外にも二重敬語を使ってしまっている言葉はあると思います。取り次ぐ場合は社内だけですが、それが先方の方に聞こえてしまうとさらに失礼になってしまいますね。

おわりに

自分の言葉遣いは誰が聞いているかわかりません。日頃から正しい言葉遣いをするように心がけましょう。

これから社会に出る方の参考になれば幸いです。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。