\ フォローしてね /

正しい日本語を使う!「お名前を頂戴する」の意味と正しい使い方

最近の者は言葉遣いがなってない、なんて言葉を聞いたことはありませんか?時代に合わせて言葉も多少の変化をしていくものですが、それに伴って日本語本来の形が崩れつつあることが指摘されています。

ビジネスシーンの他に電話対応などでもよく聞きますが、「お名前を頂戴できますか?」という言葉がありますね。

丁寧に聞こえるこの言葉ですが、実は正しい日本語ではないのです。間違って使っている方も多いのではないでしょうか。そこで、ここでは「お名前を頂戴する」の意味と正しい使い方を説明したいと思います。

「お名前を頂戴する」の意味

間違っていると思われるのは、おそらく「頂戴する」の部分です。「頂戴する」という言葉は、次のような意味を持っています。

  • 「もらう」「受け取る」「食べる」の謙譲語

重要なのは初めの意味ですね。「頂戴する」とは、そのまま「もらう」という意味です。そうすると「お名前を頂戴する」という言葉の直訳は、

  • 「名前をもらってもいいですか?」

です。名前を聞きたいはずが、これでは名前を譲ってくれと言ってしまっていることになります。そもそも名前は物ではないので、もらうことはできませんね。

「名前を頂戴する」というのは、主君の名前をそのまま、またはその一部を頂いて自分の子どもの名前とするときにしか使われない言葉なのです。

「お名前を頂戴する」の使い方・言い換え例

名前を口頭で聞く場合

では、先方の名前を聞いておきたいときはどのように尋ねれば良いのでしょうか?

重要なのは、「名前を聞いておきたい」という部分です。ここを丁寧に直せば、失礼無く、正しい日本語で名前を尋ねることができます。例えば、

  • 「お名前をお聞かせいただけますか?」
  • 「お名前を伺ってもよろしいですか?」

このような使い方が正しいとされています。ただ「名前を聞きたい」という旨を丁寧に伝えればいいだけの話だったということですね。

名前を紙に書いてもらう場合

また、紙に名前を書いてもらいたい場合もあるかもしれません。そのときは余計な言葉を足さずに、

  • 「(紙を差し出し、書いてほしい部分を手で示しながら)こちらにお名前をお願い致します。」

と言うだけで十分です。

注意点

上記の項目にも書きましたが、「頂戴」できるのは物だけだということです。ですので、「頂戴する」という言葉がいけないということではありません。何かをもらった時は、しっかり、

  • 「◯◯を頂戴した」

と言いましょう。

おわりに

また、正しい日本語というのは、敬語でやたら修飾すれば良いというものでもありませんね。こちらの考えを一番わかりやすい形で伝えるのが正しい日本語なのかもしれません。直接注意されたことがない方でも、上司の方はその言葉遣いをしっかり聞いているものです。思い当たる節があったら、是非参考にして下さい!

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。