\ フォローしてね /

5分で出来る、個人事業開業の手続き

長引く不況の中、「少しでも収入(可処分所得)を増やしたい」と週末起業をする、という人が増えているように思います。

『起業』には大きく「株式会社を作る」と「個人事業主として開業する」というふたつの方法がありますが、本レシピでは『個人事業の開業の手続き』についてご説明します。

ポイント: 用意する書類は3種類だけ!

個人事業主として開業するには役所に申請を出す必要があるのですが、株式会社設立と違い、提出する書類も申請にかかる時間もとても少なくて済みます。

提出する書類と提出先は下記の通りです。

税務署に提出するもの

①「個人事業の開廃業等届出書」
開業後1ヶ月以内に提出する必要があります。
国税庁のホームページから最新版をダウンロードすることが出来ます。
個人事業の開業届出・廃業届出等手続

②「所得税の青色申告承認申請書」
開業後2ヶ月以内に提出する必要があります。
国税庁のホームページから最新版をダウンロードすることが出来ます。
所得税の青色申告承認申請手続

都道府県税事務所に提出するもの

ご自身がお住まいの税事務所で用紙を受け取り、提出してください。
※税務署と税事務所は併設されているケースがほとんどです。

ポイント: 開業にお金は一切かかりません!

法人(株式会社)の場合は「登録免許税」や「印紙代」など、20万円~の費用が設立時に発生しますが、個人事業の開業の場合は法人のような面倒な手続きはなく、特に費用も発生しません。

上記の書類を書いて、提出して、手続き完了です。実質の所要時間は5分ほどだと思います。

おわりに

いかがでしたでしょうか?事業計画の立案や日々の営業活動はもちろん大変ですが、一国一城の主としての生き方も刺激的で面白いのではないかと思いますよ。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。