生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3. わかっているようで間違えてしまう婚活のいろいろ

わかっているようで間違えてしまう婚活のいろいろ

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

非婚化、未婚化、晩婚化、少子化、晩産化というキーワードを目にすることも多くなったと思います。婚活が社会問題として取り上げられ、ドラマや映画、ニュースの素材となって久しい今日この頃です。

ここでは、婚活について整理して皆さんに分かりやすくお伝えしてまいります。

始めるタイミング

婚活を始めるタイミングは人それぞれ違うと思いますが、一つ言えることは精神的にも肉体的にも余裕がある内に始められた方が良いということです。婚活は、山あり谷ありです。

お仕事しながらの婚活は想像以上にタフになるかと思われます。

「周りが結婚ラッシュで...」、「親がうるさくて...」といった焦りやプレッシャーをまだ感じていないタイミングが理想的です。たとえ、お仕事が繁忙期であっても、婚活の時間を無理矢理にでも作ることをお勧めします。

婚活は、長期間だらだらするものではありません。

「いつまでに」といった目標を決めて短期集中型が成功の秘訣です!

お相手選びのポイント

自分の直感で迷い無く決められるのが理想的

しかし、結婚相手となると正直迷って当然です。特に、婚活サービスを利用した場合、複数の選択肢から選ばないといけないケースが発生したりもします。

そうなると、芯がしっかりしている人でもこんな悩みに陥ったりもします。

「条件はこっちが良いんだけど...」、「でも、こっちの方が話は合うんだよな...」、「顔で結婚するわけじゃないけどタイプはこっちかな...」そんな時、頼りになるのが客観的な意見です。

客観的な意見を聞く

ご家族でも良いですし、友人でも良いです。身近に相談できる方がいない場合、婚活サービスのプロに相談するのでも良いでしょう。

特に、婚活サービスであれば、お相手を評する仲人さんやカウンセラーといった第三者のコメントを参考になさるのも一つの方法ではないでしょうか。

結婚がそうであるように、婚活もパートナーは必要

婚活の主体はあくまでも「アナタ」ですが、誰かに相談する・誰かを頼ることも婚活成功の秘訣です!よく、婚活していることを誰にも言わずに、秘密にしておきたいという方がいらっしゃいます。

しかし、一人で婚活していると何度も同じ状況に陥ってしまうことがあります。

さらに、ご自身の立ち位置を見失ってしまったり、考え方が画一化してしまったり、いわゆる「ぐるぐる思考」から抜け出せなくなり、冷静に課題と対策を分析できなくなる方も少なくありません。

結果、悩んで疲れてしまい、良い出会いがあったとしても、チャンスを掴みきれないなんてことにもなりかねません。

一人で抱え込まずに、信頼できる相談相手を見つけて、時には立ち止まって、第三者の意見にも耳を傾けながら、振り返ることも婚活には必要だと思います。

おわりに

今回のテーマはいかがでしたでしょうか?最後にポイントを3つまとめさせていただきます。

  • 余裕がある内に始める
  • 客観的な意見も取り入れる
  • 誰かに頼る

皆様の婚活が実を結びますように・・・

(image by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130825175934 5219c776017e8

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る