生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. デキる男のノートの選び方

デキる男のノートの選び方

2013年09月09日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

「デキる男」は使いやすさだけでノートを選びません。使いやすいのは当たり前です。そこから更に、そのノートを使うことでどう見られるかまで意識できるかが「デキる男」と「デキない男」の分かれ道です。

今回は、「デキる男」のノートの選び方をご紹介します。

このハウツーを紹介する著者について

  • 著者の社会人歴:4年目
  • 著者の職種・役職:プランナー
  • 著者の性別:男性
  • 著者が勤める会社の業種:IT企業(スマホ担当)
  • 著者が勤める会社の従業員数:100人

このハウツーの説明書

このハウツーの背景

ビジネスの世界では、服装はもちろん、名刺入れ、使っているペンなどもその人の格付けをする対象となります。どう見られているかを意識せずにヨレヨレのスーツ、100円のボールペンを使っている人はやはり信頼されづらいのです。

また、その人が持つアイテムからその人のこだわりが分かるため、仕事に対しての取り組み方が見えてきます。中でも、文具はこだわりを表現しやすいアイテムです。

ビジネスで信頼を獲得するためにも、ノートにはこだわりましょう。

このハウツーの対象者

  • パーソナルブランディングに興味がある方
  • 商談の成功率を高めたい営業マン
  • 起業を目指して人脈開拓に勤しむ野心家

このハウツーの注意事項

  • 主に人と会う時にご活用ください。
  • 「自分はどう見られたいか」を意識してご活用ください。

ノート選びのポイント(使い勝手編)

ポイント1:1週間分のスケジュールが記載されているものを選ぶ

たとえスケジュール管理に使うものでなくても、スケジュールが記載されたものを使いましょう。なぜなら、メモは日付と一緒にすることで覚えやすく、整理しやすくなるからです。

特にオススメなのは、MOLESKINE(モレスキン)のスケジュールノートです。左に1週間分のスケジュール、右にメモ欄が用意されており、その日のメモは日付の枠に記載すれば良く、もしはみ出す内容であれば、右側のメモ欄に書けば良い仕組みになっています。

ポイント2:企画用として使うのであればスケッチブックを選ぶ

もし人と会う際に、テキストによるメモではなく、図描写を必要とする場合は、いっそのことスケッチブックをノートとして持ち歩きましょう。マルマンのスケッチブックが書きやすく、見た目もオシャレです。

ポイント3:持ち運びしやすいサイズを選ぶ

頑張ればズボンの後ろポケットに入るくらいのサイズ感がいいでしょう。カバンに入れて持ち歩くのはもちろん、イベント会場などで大きなノートを出しづらい環境でも書くことができるためです。

食事中、どうしてもお話をメモしたい時もあります。そういった時に、ポケットサイズは食事の雰囲気を害すことなく記述できるため、非常に重宝します。

ポイント4:しおりがついているものを選ぶ

スケジュールが記載されているノートは、大体しおりがついていると思いますが、ノートを買う際はしおり付きのものを選びましょう。書きたい時に、これまで書いたところを探すのが簡単になり、スマートです。

どうしてもしおりがないノートの場合は、しおりを自ら用意しましょう。

ノート選びのポイント(ブランディング編)

ポイント1:自分らしい表紙を選ぶ

他人から「お金がある」と信頼されたい場合は「革の表紙」を、自由な想像力を武器に企画提案したいのであれば「アート系の表紙」を選びましょう。

自分がどう見られたいかというセルフイメージに沿って、ノートの表紙を選ぶことが大切です。迷ったら、黒色の革表紙のノートがオススメです。

ポイント2:上質の紙を選ぶ

普通の大学ノートといいノートを比べると、やはり紙質が違います。デキる人から見れば一目瞭然です。手触り、色合いをしっかりと見て、紙質のいいノートを選びましょう。

ポイント3:語れるノートを選ぶ

ブランドであったり、製造過程であったり、何かしらウンチクを語れるノートを選びましょう。

別にウンチクを語れ、と言っているわけではありません。しかし、ウンチクをいざという時に語れると「この人、こだわりがあるんだな」と思われます。

「このノートを自分が持ったらどのような印象か」を意識して、ノートを選びましょう。

おわりに

デキる男は、仕事も遊びも一流な男です。ノートは、何かを書くためだけの道具ではありません。自分を演出するためのファッションの一部でもあります。

一流の男になるために、一流のノートを持ち歩きましょう。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130903233720 5225f4205b269

本記事は、2013年09月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る