生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 女性陣からアプローチして逆ナン成功!国内の旅行先で新しい出会いを見つけるコツ

女性陣からアプローチして逆ナン成功!国内の旅行先で新しい出会いを見つけるコツ

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

女性の中には、「逆ナンしてみたい…でも断られたりしたらどうしよう」なんて考えて、なかなか逆ナンという行動に移せない方も多いのではないでしょうか。

実は初めての逆ナンをするのにオススメなのが国内旅行先なのです。恥はかき捨て、知らない人ばかりの土地で思い切って男性に声をかけてみてはいかがでしょうか。

ここでは筆者が女の友人と二人で京都に行った時の逆ナン体験レポートと共に、逆ナン成功のコツを書いていきます。

旅先でのナンパについて

1.ナンパする前の行動

きっかけは旅行3日目、「女二人だけだとなんだか盛り上がらない」という、なんとも適当な理由で「失敗してもいいや」くらいの気持ちで逆ナンするため四条河原町へ向かいました。

ここでポイントを二つほどあげておきます。

  • 人数は女二人が望ましい
  • 夕食時の、飲み屋の多い繁華街へ行く

これは今回の京都旅行だけでなく、他の色々な旅先でも有効なポイントです。この二つについては、次で詳しく説明します。

2.どんなシチュエーションでナンパしたか

まずはなぜ女二人が望ましいのか。やはり「一人よりは二人の方が声をかける勇気が出やすい」というのも大きいですが、「二人組以上の男性グループに声をかけやすい」というのが一番のメリットです。

女性の中には一人で居るときにナンパされ「興味はあるけど、ついていくのは怖いな」と思われる方は多いのではないでしょうか。それは男性側も同じ。一人より二人の方が、ノリと勢いでついてきてくれるものです。

しかし、逆に女性三人以上での逆ナンは少し難しいかもしれません。女性二人でも、男性の三人組や四人組に声をかけると大体は成功するのですが、こちら側の人数が多いと断られる可能性が大きくなってしまいます。

おそらく男性の中には「逆ナン」イコール「おごり目的」というイメージがあるのかもしれません。お財布事情と、おごらないといけない女の子の人数を頭の中でこっそり考えている場合があるのです。

夕食時の飲み屋が多い繁華街へ行くことについては、なんとなくお分かりいただけるのではないでしょうか。

やはりこの時間はご飯を食べるお店を探している人が多く、また飲みに行くことを目的とした人は、食事だけでなく「大勢で楽しみたい!」と思っている人が多いのです。

筆者の京都旅行の際も女二人で四条河原町へ赴き、飲む場所を探していた男性三人組に声をかけたら、あっさりOKでした。

3.普通のナンパと違うところ

旅行先では、旅先ならではのテクニックが使えて普通の逆ナンよりも成功率が高めです。

「初めてここに旅行にきたのですが、どこか美味しいお店を知りませんか。」

これは魔法の言葉です。大抵の人は快く自分のお気に入りのお店を教えてくれるでしょう。

ポイントは、口頭で聞くだけでなく「場所が分からないので案内してほしい」と伝え、一緒にお店まで向かうことです。

お店の前まできたら、「せっかくなのでこの店のおすすめ料理やお酒を教えてほしい、一緒にどうですか」と伝えてみてください。

あくまで旅行客としてなので、おごり目的ではないというのが伝わりやすく、男性側も飲む場所を探していた、というタイミングなので成功確立が高いのです。

注意するポイント

「お酒の勢いにまかせてその後も・・・」、これだけは何があっても避けるべき注意点です。ただでさえ見知らぬ土地です。

  • もし右も左も分からない場所へ連れて行かれたら・・・
  • もしお金を取られたりしたら・・・

危険はあげるときりがないのですが、やはり「2:2」のシチュエーションになるなど、一緒にきた友人と別行動するのは避けた方がいいです。

二人なら何か起きたとき行動もしやすいのですが、一人になってしまうと男性のなすがままになんてこともあります。

また、これは筆者の失敗なのですが、旅行の最終日でない限りは安易に連絡先を教えない、ことが大事です。

旅行の予定中日にうっかり連絡先を教えてしまった筆者は「こっちにいる間だけでも遊ぼうよ」、「せっかくだから、明日以降も案内するよ」と、連絡が途絶えず、逆ナンしたというのもあり断りきれませんでした。

次の日以降の予定が台無しになってしまいました。もししつこい誘いがあったとしても、きちんと断ることも大事なことです。

おわりに

旅行先での逆ナンは確かに危険もありますが、とても成功率が高くて初心者さんでもオススメです。

その土地の人と直接触れ合うことで、ガイドには載っていない情報を教えてもらえたり、地元民しか知らないおいしいものが食べられたりと、普通の旅行にはないような新しい経験ができること間違いなしです。

やはりどんな場所でもその土地に長く住んでいる人の意見を得られるのは心強いですね。普通の逆ナンよりもかなりハードルが低いと思います。一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130904111329 522697498a974

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る