生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon beauty美容・ビューティ

  1.  
  2.  
  3. ビジュアル系メイクを施す際の注意ポイント

ビジュアル系メイクを施す際の注意ポイント

2013年09月05日作成

 views

お気に入り

はじめに

今、若い女性を中心に大人気なのが、ビジュアル系バンドです。最近では、若い女性だけでは無く、その目立つほどの派手さと艶やかさから、若い男性にも人気のファッションジャンルの1つといってもいいのではないでしょうか。

一般的に、ビジュアル系バンドのメイクや服装を真似する女性の事をバンギャといい、同じような男性の事をギャ男と呼んでいます。

ビジュアル系ファッションやメイクの最大の特徴は、やはり、その見た目の派手さと豪華さでしょうか。

特に、ビジュアル系バンドのほぼ大半が、男性だけで構成されている男性ならではのメイクやファッションであるため、男性が思わずセクシーな女性に見えてしまうようなメイクを心がけることが大切です。

そんな、今大人気のビジュアル系ですが、彼らの外見を真似るメイクのことを、ビジュアル系メイクと総称しています。

ビジュアル系メイクの難点

今では高校生などの若い子達にも浸透しているこのメイクですが、いざ実践してみるとなると、色々と難しいポイントが多々あるんです。例えば、見様見真似でビジュアル系のメイクを施してはみても、なぜか違和感がいっぱい、と言う風に感じる方は沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

実は、ビジュアル系メイクを施す上で、いくつか気をつけるべきポイントがあるんです。これらのポイントを意識して克服することで、どんな方でもビジュアル系バンドさながらの派手さを手に入れる事が出来るんですよ。

ビジュアル系メイクを施す上で気をつけるべきポイント

ビジュアル系メイクはメイクだけに非ず

まず、ビジュアル系メイクを施す上で気をつけるべき最大のポイントが、メイクだけではダメという点です。

極稀に、ビジュアル系メイクを派手に施しているにもかかわらず、髪型だけはいつも通りの普通の感じにしている方を見かけますが、はっきりいってこれはナンセンスです。

ビジュアル系メイクとはいっても、顔に施すメイクだけを指してこう呼ぶわけでは無いんです。

ビジュアル系メイクとは、顔立ちや髪型、そしてピアスなどのアクセサリーを総合して実践する事を指しています。ですから、顔に施すメイクに加えて、髪を派手に盛ることが重要です。

髪の量によっては、スプレーを1本使い切っちゃうくらいの勢いで髪を盛り盛りにしちゃうべき。

髪色も重要

最近の流行としては、ビジュアル系メイクの大半が黒系のダークカラーを重視していることから、髪色をできるだけ派手目の明るいカラーに仕上げることによって、そのギャップを良い形で表現することができます。

おすすめのカラーとしては、赤、ゴールド、アッシュシルバーなどがいいですね。

アイメイクは成功の鍵

とはいっても、つけまつげなどのギャル系メイクに必須のアイテムは特に必要なく、ビジュアル系メイクに於ける最大のアイメイクグッズは、ずばり、アイライナーです。

ビジュアルメイクは、アイメイクだけでは無く、顔立ちの様々なパーツ全てのメイクが非常に自己主張が強くなっているため、アイメイクも自然と強調する必要があります。

それに、ビジュアル系メイクを実践する場合、まず最初にアイメイクから取りかかることが重要です。アイメイクの出来映え如何や完成度によって、その後の他のパーツのメイクにも影響が出てきます。

例えば、アイメイクをダークカラーで統一した場合、他のパーツをライトカラーで仕上げてしまうと、非常に悪い形で目立っちゃいます。

できるだけ統一することが重要なんです。

ベースメイクであるファンデーションは明るいカラーを選ぶ

オークル系のダークカラーでは無く、ライト系の非常に明るいカラーを選ぶようにしてくださいね?絵に於けるキャンバスの役目を持つのが、私たちの肌。この肌をできるだけ白く鮮やかにしてあげることで、そのキャンバス上にある目や鼻、唇などの各パーツメイクのその後の出来映えを高めてくれますから。

この様に、ビジュアル系メイクとは、メイクだけでは無く、髪色や髪型、そしてピアスなどの各アクセサリー、様々な要素を総合したメイクだということを心がけて、実践してみて下さい。

本記事は、2013年09月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る