生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon beauty美容・ビューティ

  1.  
  2.  
  3. これで決まる!ビジュアルメイク!

これで決まる!ビジュアルメイク!

2013年09月05日作成

 views

お気に入り

はじめに

ビジュアルメイクって、やりたいけれどお手本が近くに少ないですよね。

ナチュラルメイクやお仕事用のメイクなら、その辺の女性誌にいつでもたくさん書かれているのに、ビジュアルメイクについてお手本となるものが書かれたものといえば、近いところでゴシック・ロリータ関連の雑誌くらいです。

それに、普段から周りにビジュアルメイクをしている人がいないから、真似できるような人もいなくて、どこからどう始めたらいいのか分からない、なんて人もいるかと思います。

ここでは、そんな方にお勧めするビジュアルメイクの基本を紹介します。

ビジュアルメイクの手順

カラーコンタクトレンズを入れる

出来るなら、カラーコンタクトレンズを入れましょう。特に奇抜な色にする必要はありません。ヘタに赤や青を入れてしまうとコスプレのようになってしまうので、黒・茶あたりのカラコンがべストです。

洗顔後は化粧水+乳液で肌の調子を整える

普通のお化粧通り、顔を洗ったら化粧水に乳液で蓋をします。

下地を塗る

BBクリームなどの下地を塗り、気になるところはコンシーラーで隠しましょう。この時、下地は少し色の薄めのものを使うのがポイントです。

ファンデーションとバウダーファンデーションもワントーン明るいものを使います。こんなに明るくていいの?って心配になりますよね。でも大丈夫です。

ビジュアル系のメイクは肌を白くする方が引き立ちますし、暗くメイクした目元や唇とのギャップもきれいに出て「ビジュアルメイクっぽさ」が出てきます。

さて、ここからが本番です。

眉の書き方

眉はできるだけ目に近く、真っ直ぐと外に向かって、あまりアーチを描かず吊り上がるイメージで細目に描きます。もし自分の眉が目から離れていて大きなアーチを描いている人は、思い切って限界まで剃るか、抜くかして、ペンシルに頼りましょう。

髪の毛が金髪の人や赤の人は、アイブロウペンシルを使わずに、髪の色に合わせたリップブラシなどを代用するのもオススメです。

アイメイク(アイライン)

ビジュアルメイクで何より一番肝心なのがアイメイクです。一重の人はアイプチなどを使って二重にするといいでしょう。この時、二重の幅を広く取ることが大事です。細い二重ではアイラインで潰れてしまってあまり意味がないからです。

アイラインは黒で思い切って太めに引きましょう。目じりは自然に上がるようにします。

ここで二重が潰れてしまっても、青や紫などのアイライナーで瞼にもう一本線を入れるというテクニックもありますから、徐々に覚えていくといいですね。

アイメイク(ビューラー・マスカラ・つけまつげ)

ビューラーは、ホットビューラーを使うか、ドライヤーなどで温めて使うと効果抜群です。カールして持ち上げたまつ毛が下がって来ないうちに、マスカラを塗りましょう。

つけまつげは、ボリュームを出したい場合は重ねてつけるようにします。その場合、まずつけまつげ同士を合わせてから、目につけるようにしましょう。

つけまつげをつけたら、自まつげになじませるためにもう一度ビューラーをかけて、それからマスカラを塗り直します。

アイメイク(アイカラー・アイシャドー)

黒や青、紫などがオススメです。アイラインから黒→青といったようにグラデーションにするとキレイですよ!目尻だけに濃い色を持って来るのもオシャレです。

リップ

リップは敢えて色のついたものを使わないか、黒系が欲しいならバレエなどの洋品店に行けば色々な色が揃っています。

ただ、真っ黒にするとかなりイメージがきついので、思いっきりコテコテにする場合を除けば赤紫系がよく似合うでしょう。

チーク

ビジュアル系のメイクに、チークはあまり似合いません。もし乗せるなら、肌の色に近いもので控えめにするといいでしょう。

粉おしろい

最後に、てかりを抑えるため粉おしろいをつけます。「塗る」というイメージではなくて「そっと乗せる」という感覚でつけてください。

折角のお化粧が崩れてしまいますから、つけすぎにも注意してくださいね!

本記事は、2013年09月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る